2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

相関分析

2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

相関分析」(Correlation Analysis)とは、2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。相関関係は一方の変量が増加すると、他の変量も増加する正の相関関係と、一本の変量が増加すると他の変量は減少する負の相関関係に分かれる。

相関分析と類似の分析手法としてアソシエーション分析がある。アソシエーション分析(Association Analysis)が「商品Aを買っている人の65%が商品Bも買っている」といった関連性を分析する手法であるのに対して、相関分析(Correlation Analysis)は、「一方のデータが増えると、それに比例してもう一方のデータも増える」という2つのデータの相関関係の強さを分析する場合に適している。

相関分析を大別すると間隔尺度・比率尺度のデータに対して行うピアソンの積率相関分析と、順序尺度のデータに対して行うスピアマンの順位相関分析の2つがある。
http://bdm.change-jp.com/?p=1254

相関分析最新TOPICS

最新情報はありません。

相関分析最新CLOSEUPコラム

  • KSKサイド002
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter