データ間の相関関係を発見する場合に用いられる、データマイニングの手法のひとつ。

  • アソシエーション分析とは

アソシエーション分析とは

データ間の相関関係を発見する場合に用いられる、データマイニングの手法のひとつ。

アソシエーション分析(Association Analytics)」は、蓄積された顧客毎の取引データを分析し、併売の関係性が強い事象の組合せやその割合、統計的に見て強い関係を持つ事象間の関係(ルール)を抽出するデータマイニング手法。「商品 A を購入した人は、商品 B も購入する確率が高い」という法則性(アソシエーションルール)を発掘することができる。「アソシエーション分析」は、別名「マーケットバスケット分析」とも呼ばれる。

アソシエーション分析」は小売店におけるPOS データを利用した分析として、同時に購入されている確率が高い商品を明らかにした上で、店舗別のレイアウト設計、棚割りや商品配置の最適化、顧客別のクロスセル、アップセルや価格最適化に活用するケースが多い。

アソシエーション分析」の活用例としては、スーパーマーケットなどの小売店舗におけるPOSレジで支払いと同時に次回利用可能な動的なクーポンが発行されるといった販売促進に活用されている。

アソシエーション分析最新TOPICS

オープンソースデータ分析ソフト「RapidMiner」とは~簡単・手軽に分析できるRapidMinerの特徴(2016年07月22日 10:00)

オープンソースのデータ分析ソフト「RapidMiner」をフル活用する方法を連載!ソフトの特徴や分析チュートリアルを紹介します。

アソシエーション分析最新CLOSEUPコラム

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter