ビジネスアナリティクス(BA)とは | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

ビジネスアナリティクス(BA)とは

データサイエンスの力でビジネス課題を解決したいすべての方々へ。データ活用の心得、即使えるテクニックや陥りがちな失敗パターンなど、コラム形式で連載していきます。

[2016年04月06日 ]
株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠

 前々回の記事で、ビジネスアナリティクス(BA)とは、データから「将来を予測する」ものと説明しました。

 今回は、BAはどのような技術で何に利用できるのか、改めて確認していきましょう。

 ビジネスアナリティクス(BA)とは、将来予測や意思決定など「ある目的にもとづいて、さまざまな分析手法やソフトウェアベースのアルゴリズムを駆使しながら、データに潜んでいる特定のパターンや相関関係などの知見を抽出し(※1)、それを活用すること」です。

 基本的には「CRISP-DM(Cross Industry Standard Process for Data Mining)(※2)」と呼ばれるプロセスに従って、BAを進めていくことが望ましいとされています。

 下図はCRISP-DMのイメージです。

 BAでは、システム開発におけるウォーターフォールモデルのような一方向でシーケンシャル型のプロセスではなく、アジャイルモデルのような反復型のプロセスで進めると、より高いビジネス価値を得られる可能性が高くなります。

 上図のCRISP-DMモデルにおいても、プロセス間で双方向に矢印が引かれていることからプロセスを実施し場合によっては前のプロセスへ戻って見直す、全体として周期的で一連のフィードバックループを持つことから各プロセスを繰返し実施し求める精度(獲得したいビジネス価値)が得られるまで反復する、ということが必要とされています。

次のページへ続く

【次ページ】CRISP-DMの各プロセス

著者プロフィール

株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠(あだち はるか)

 大手電機メーカー、事業会社を経てKSKアナリティクスへ入社。社内のデータ活用推進者としてマーケティング戦略、業務改善に関するデータ分析業務に携わる。特にテキストマイニング、レコメンデーション、オープンデータ活用を得意とする。現在はIoTデータの活用推進中。
 もう一つの姿は社会人大学院生(博士後期課程)。ソーシャルネットワーク解析に関する研究に従事。

最新TOPICS

【AI】パナソニックのR&D戦略---AI技術者を「5年後には1000人体制」に拡大、新卒採用ではAI特別枠(2017年04月21日 10:03)

パナソニックは、同社グループのR&D戦略について説明した。 【ポイント】 ・AI技術者を「3年後には300人体制」「5年後には1000人体制」に拡大する計画 ・大阪大学と共同講座を開設して、社内のデジタル系技術者を育成 ・新卒採用においては、AIを特別枠として設置し、4月からその1期生が入社している 【テーマ】 ・パナソニックは約100年前にアントレプレナーが起業した ・AI...

関連タグ

コンジョイント分析(Conjoint Analysis)

  • 用語集

商品やサービスを構成する要素の最適な組み合わせを探るために多変量解析を用いた分析方法。

ERP(イーアールピー)

  • 用語集

「ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、企業における資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を一元的に管理し、経営を支援するための手法。その手法のために利用される業務横断型ソフトウェアパッケージは、「ERPパッケージ」「統合基幹業務システム」「統合業務パッケージ」などと呼ばれている。

非構造化データ()

  • 用語集

「非構造化データ」とは、企業の基幹システムに保管されている構造化データに対し、日常業務で増える電子文書や紙文書、写真、動画、音声、Webコンテンツなど構造化されていないデータを指す。

MapReduce(マップリデュース)

  • 用語集

「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

相関関係()

  • 用語集

一方の値が変化すれば、他方の値も変化するという、2つの値の関連性を指す。

関連記事

  • KSKサイド005

facebook

twitter