「ETL(Extract Transform Load)」とは、外部の情報源からデータを抽出(Extract)し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に変換・加工(Transform)し、データベースに書き出す(Load)までの一連の工程である。これらの処理を支援するツールを「ETLツール」と呼ぶ。

ETLとは

「ETL(Extract Transform Load)」とは、外部の情報源からデータを抽出(Extract)し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に変換・加工(Transform)し、データベースに書き出す(Load)までの一連の工程である。これらの処理を支援するツールを「ETLツール」と呼ぶ。

ETL(Extract Transform Load)」とは、外部の情報源からデータを抽出(Extract)し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に変換・加工(Transform)し、データベースに書き出す(Load)までの一連の工程である。これらの処理を支援するツールを「ETLツール」と呼ぶ。

データ分析を行うためには、データウェアハウスを構築し、データをデータベースに収納する必要がある。従来、この作業は専用のプログラムが必要でありETL作業が全体の工数の半分以上を占めると言われていたが、昨今、ETLツールが登場し、短期間での構築が容易になった。

ETLツールには、GUIを使ってデータの流れを可視化するツールや、データ形式の変換機能、不正なデータを排除したり一定の形式にデータを修正するデータクレンジング機能などが搭載されている。

ETL最新CLOSEUPコラム

  • KSKサイド002
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter