ビジネスインテリジェンス(BI)とは | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

ビジネスインテリジェンス(BI)とは

データサイエンスの力でビジネス課題を解決したいすべての方々へ。データ活用の心得、即使えるテクニックや陥りがちな失敗パターンなど、コラム形式で連載していきます。

[2015年12月24日 ]
株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠

 前回、ビジネスインテリジェンス(BI)とは、データから「過去(現在)の状態を把握する」ために利用すると説明しました。

 今回は、BIはどのような技術で何に利用できるのか、改めて確認していきましょう。

 ビジネスインテリジェンス(BI)とは、1989年にガードナー社のアナリストが、「企業内外の事実に基づくデータを組織的かつ系統的に蓄積・分類・検索・分析・加工して、ビジネス上の各種の意思決定に有用な知識や洞察を生み出すこと」と提唱した概念です。

 具体的には、企業の経営者や社員が、データアナリストなどの専門家に依存することなくERP(Enterprise Resource Planning)(※2)やCRM(Customer Relationship Management)システムに蓄積されたデータを自在に分析し、売上分析、利益分析、顧客動向分析などに活用することを指します(※1)。

 下図はBIの活用イメージです。

 社内外に分散して蓄積されているデータを加工・整形処理(ETL処理)を行い、データウェアハウス(DWH)へ統合します。そして、BIツールに含まれる、データを様々な切り口から表現するOLAP、指定した条件のもとでデータ一覧を表示するレポーティング、グラフ・地図・チャートなどを使って意志決定に必要な情報をまとめて表示するダッシュボード機能を駆使して、売上・利益・顧客動向などの戦略へ活用します。

 それでは、ETL処理とBI機能について、詳しくみていくことにしましょう。

次のページへ続く

【次ページ】ETL処理とBI機能

著者プロフィール

株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠(あだち はるか)

 大手電機メーカー、事業会社を経てKSKアナリティクスへ入社。社内のデータ活用推進者としてマーケティング戦略、業務改善に関するデータ分析業務に携わる。特にテキストマイニング、オープンデータの活用、GISによる可視化を得意とする。最近は、IoT分野でのデータ活用に意欲を持つ。
 もう一つの姿は社会人大学院生(博士後期課程)。ソーシャルネットワーク解析に関する研究に従事。

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連タグ

ウェアラブル(Wearable)

  • 用語集

「ウェアラブル」とは、直訳すると「身につけられる」といった意味であり、IT業界では主に「ウェアラブル コンピュータ」、または「ウェアラブルデバイス(Wearable Device:身につけられる装置)」の略称として使われる。

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

判別分析法()

  • 用語集

データを異なるグループに分ける際に、まだ分類されていない新しいデータがどちらのグループに入るのかを判別するための基準を得るための分類の手法。

因子分析(Factor Analysis)

  • 用語集

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

通信()

  • タグ

関連記事

  • KSKサイド004

facebook

twitter