ビッグデータ・IoTの分析・活用ための、最新事例やノウハウ、技術情報を提供する「Analytics News(アナリティクスニュース)」

用語集とタグ

ビッグデータ・IoT/アナリティクス関連用語集とタグ

ビッグデータ・IoT/アナリティクス関連の用語について解説します。また、コンテンツ整理のためのタグ一覧を掲載します。

全て表示 AtoZ

AI(artificial intelligence)

  • 用語集 

「人工知能(AI)」とは、コンピュータ上などで人工的に人間と同様の知能を実現させようという試み、或いはそのための一連の基礎技術。

Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)

  • 用語集 

「Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)」とは、 ビッグデータを複数のマシンに分散して処理できる、オープンソースのプラットフォームである。

Apache Spark(アパッチ スパーク)

  • 用語集 

「Apache Spark(アパッチ スパーク)」は、ビッグデータを複数のマシンに分散して高速に処理できる、オープンソースの分散処理プラットフォームである。

BI(ビジネスインテリジェンス)

  • 用語集 
  • タグ 

「ビジネスインテリジェンス(BI)」とは、ビジネス上の意思決定を支援するために、蓄積された組織のデータを分析する手法や技術。意思決定支援システム(DSS)のひとつ。

ERP(イーアールピー)

  • 用語集 

「ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、企業における資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を一元的に管理し、経営を支援するための手法。その手法のために利用される業務横断型ソフトウェアパッケージは、「ERPパッケージ」「統合基幹業務システム」「統合業務パッケージ」などと呼ばれている。

ETL(イーティーエル)

  • 用語集 

「ETL(Extract Transform Load)」とは、外部の情報源からデータを抽出(Extract)し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に変換・加工(Transform)し、データベースに書き出す(Load)までの一連の工程である。これらの処理を支援するツールを「ETLツール」と呼ぶ。

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)

  • 用語集 
  • タグ 

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

LPWA(Low Power、Wide Area)

  • 用語集 

少ない消費電力で、km単位の距離で広範囲に通信できる無線通信技術の総称である。

MapReduce(マップリデュース)

  • 用語集 

「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

NoSQL(ノーエスキューエル)

  • 用語集 

「NoSQL(ノーエスキューエル)」とは、膨大なデータ量を高速かつ動的に整理し分析する、非リレーショナルな分散データベースシステムである。スケーラビリティ、可用性、耐障害性において、従来のRDB(リレーショナルデータベース)を凌駕するデータベースとしてNoSQLが、注目を集めている。

R(アール)

  • 用語集 

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

RFM分析

  • 用語集 

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

アソシエーション分析(Association Analytics)

  • 用語集 

データ間の相関関係を発見する場合に用いられる、データマイニングの手法のひとつ。

アナリティクス(Analytics)

  • 用語集 
  • タグ 

「アナリティクス」とは、ある目的にもとづいて、さまざまな分析手法やソフトウェアベースのアルゴリズムを駆使しながら、データに潜んでいる特定のパターンや相関関係などの知見を抽出すること。「データ分析」「ビッグデータ分析」とも。

インメモリデータベース

  • 用語集 

データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

ウェアラブル(Wearable)

  • 用語集 

「ウェアラブル」とは、直訳すると「身につけられる」といった意味であり、IT業界では主に「ウェアラブル コンピュータ」、または「ウェアラブルデバイス(Wearable Device:身につけられる装置)」の略称として使われる。

クラウド・コンピューティング(Cloud Computing)

  • 用語集 

「クラウド・コンピューティング」とは、データを、パソコンや携帯端末ではなく、インターネット上に保存する使い方やサービス。

クラスター分析(Cluster analysis)

  • 用語集 

異なる性質のものが混ざりあっている集合体から互いに似たものを集めてグループ(Cluster)を作り、対象を分析する手法。

クリックストリームデータ

  • 用語集 

Web サイトやオンライン・ショップにおける訪問者のアクセス・ログである。Web サイトやオンライン・ショップにアクセスした訪問者が、どのような順番に従ってWebサイト内を移動したのかという一連の履歴がわかる。来訪者はリンクをクリックしてサイト内を移動するため、「クリックの流れ」とも呼ばれる。

クロス集計

  • 用語集 

2~3種類の情報に限定してデータの分析や集計を行なう手法。縦軸と横軸に項目を割り振り、特定の項目の相互関係を明らかにすることができる。

コレスポンデンス分析

  • 用語集 

「コレスポンデンス分析」(Correspondence Analysis)とは、類似した項目を明らかにするため、各項目を数値化する分析手法である。

コンジョイント分析(Conjoint Analysis)

  • 用語集 

商品やサービスを構成する要素の最適な組み合わせを探るために多変量解析を用いた分析方法。

サイバーフィジカルシステム(Cyber-Physical System)

  • 用語集 

これまで「経験と勘」に頼っていた事象を効率化し、より高度な社会を実現するためのサービスおよびシステム。

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集 

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

シンギュラリティ(Technological Singularity)

  • 用語集 

シンギュラリティ(Technological Singularity:技術的特異点)とは、未来研究において、過去の歴史から今後の人類の技術開発の推測して得られる未来の正確かつ信頼できる限界点を指す。

テキストマイニング

  • 用語集 

「テキストマイニング」とは、大量のテキストデータから情報や特長、傾向、相関関係などの知見を探し出す技術。文字列を対象としたデータマイニング

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集 

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

デシル分析(Decile Analytics)

  • 用語集 

「デシル分析(Decile Analytics)」とは、購買履歴データをもとに全顧客の購入金額を高い順に10等分し、各ランクの購入比率や売上高構成比などの有益な情報を得るための分析手法。

データウェアハウス(Data Warehouse)

  • 用語集 

「データウェアハウス(data warehouse)」とは、企業の意志決定のため、目的別に編成、統合され、なおかつ時系列で削除や更新をしないデータの集合体を指す。具体的には、複数の基幹システムからトランザクションを抽出して、再構成・再蓄積したデータの集合体を意味する。

データサイエンス(Data Science)

  • 用語集 

「データサイエンス」とは情報学の一種であり、データを重視する学問である。

データマイニング(Data Mining)

  • 用語集 

「データマイニング」とは、企業が収集したビッグデータを解析して、そこに潜む相関関係や価値のあるパターン(仮説)を発掘する技術。

データマネージメント(Data Management)

  • 用語集 

データを蓄積する仕組みの構築や運用、データ構造の可視化やデータの意味管理などを行いながらデータを適切に管理することで、データの信頼性・整合性を確保すること。

ドローン(Drone)

  • 用語集 

無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称。

ニューラルネットワーク(Neural Network)

  • 用語集 

脳機能の特性を表現することを目指した数学モデルである。人工ニューラルネットワークとも言う。

ビッグデータ(Big Data)

  • 用語集 
  • タグ 

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

ベイズ理論

  • 用語集 

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

ボット(bot)

  • 用語集 

「ボット (bot) 」とは、「ロボット」の略称であり、もともと人間がコンピュータを操作して行う処理を自動的に実行するアプリケーションを指す。

マーケティングオートメーション(Marketing Automation)

  • 用語集 

デジタルマーケティングのプロセスの一部を自動化するソリューションプラットフォームである。

ロジスティック回帰分析(Logistic regression)

  • 用語集 

多変量解析の一種である。線形回帰分析が量的変数を予測するのに対して、ロジスティック回帰分析は質的確率を予測する。

ロボット(Robot)

  • 用語集 
  • タグ 

組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集 

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

予防保守

  • タグ 

共分散構造分析(Covariance Structure Analysis)

  • 用語集 

分析者が質問項目間の因果関係について仮説をたて、複数の構成概念間の関係を検証する統計的手法。

分散分析(Analysis of Variance: ANOVA)

  • 用語集 

観測データにおける変動を誤差変動と各要因およびそれらの交互作用による変動に分解することによって、要因および交互作用の効果を判定する、統計的仮説検定の手法のひとつ。

判別分析法

  • 用語集 

データを異なるグループに分ける際に、まだ分類されていない新しいデータがどちらのグループに入るのかを判別するための基準を得るための分類の手法。

医療

  • タグ 

営業

  • タグ 

回帰分析

  • 用語集 

「回帰分析」とは、2つの変数から相関関係や因果関係を導き出すために、一方の変数から将来的な値を予測するための予測式(回帰直線)を求める手法。

回帰直線

  • 用語集 

「回帰直線」とは、最小二乗法によって求められる2組のデータにおける中心的な分布傾向を表す直線。

因子分析(Factor Analysis)

  • 用語集 

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

多変量解析入門

  • 用語集 

複数の変数に関するデータをもとに、変数間の相互関連を分析する統計的技法の総称。

家電

  • タグ 

教育

  • タグ 

機械学習

  • 用語集 
  • タグ 

「機械学習」とは、人間が自然に行っている学習能力と同等の機能をコンピュータで実現しようとする技術や手法。データから反復的に学習しそこに潜むパターンを見つけ出す。

決定木分析

  • 用語集 

樹木状のモデルを使って要因を分析しその分析結果から境界線を探して予測を行う、データマイニングの手法のひとつ。

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集 

パターン認識技術の一種であり、画像や動画から文字や顔などのオブジェクトや特徴を認識し検出する手法。

畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network)

  • 用語集 

文字どおり、畳み込み(コンボリューション)を加えたニューラルネットワークの一種。個々のニューロンが視覚野と対応するような形で配置されており、画像や動画認識に広く使われる。

相関分析(Correlation Analysis)

  • 用語集 

2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

相関関係

  • 用語集 

一方の値が変化すれば、他方の値も変化するという、2つの値の関連性を指す。

製造業

  • タグ 

農業

  • タグ 

通信

  • タグ 

重回帰分析

  • 用語集 

多変量解析のひとつであり、あるデータをほかの複数のデータによって予測する分析手法である。

電力

  • タグ 

需要予測

  • タグ 

非構造化データ

  • 用語集 

「非構造化データ」とは、企業の基幹システムに保管されている構造化データに対し、日常業務で増える電子文書や紙文書、写真、動画、音声、Webコンテンツなど構造化されていないデータを指す。

音声認識(speech recognition)

  • 用語集 

人間の声をコンピュータに認識させることで、話し言葉を文字列に変換したり、あるいは音声の特徴をとらえて声を出している人を識別したりする認識技術である。

用語集 AtoZ

AI(artificial intelligence)

  • 用語集 

「人工知能(AI)」とは、コンピュータ上などで人工的に人間と同様の知能を実現させようという試み、或いはそのための一連の基礎技術。

Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)

  • 用語集 

「Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)」とは、 ビッグデータを複数のマシンに分散して処理できる、オープンソースのプラットフォームである。

Apache Spark(アパッチ スパーク)

  • 用語集 

「Apache Spark(アパッチ スパーク)」は、ビッグデータを複数のマシンに分散して高速に処理できる、オープンソースの分散処理プラットフォームである。

BI(ビジネスインテリジェンス)

  • 用語集 
  • タグ 

「ビジネスインテリジェンス(BI)」とは、ビジネス上の意思決定を支援するために、蓄積された組織のデータを分析する手法や技術。意思決定支援システム(DSS)のひとつ。

ERP(イーアールピー)

  • 用語集 

「ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、企業における資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を一元的に管理し、経営を支援するための手法。その手法のために利用される業務横断型ソフトウェアパッケージは、「ERPパッケージ」「統合基幹業務システム」「統合業務パッケージ」などと呼ばれている。

ETL(イーティーエル)

  • 用語集 

「ETL(Extract Transform Load)」とは、外部の情報源からデータを抽出(Extract)し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に変換・加工(Transform)し、データベースに書き出す(Load)までの一連の工程である。これらの処理を支援するツールを「ETLツール」と呼ぶ。

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)

  • 用語集 
  • タグ 

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

LPWA(Low Power、Wide Area)

  • 用語集 

少ない消費電力で、km単位の距離で広範囲に通信できる無線通信技術の総称である。

MapReduce(マップリデュース)

  • 用語集 

「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

NoSQL(ノーエスキューエル)

  • 用語集 

「NoSQL(ノーエスキューエル)」とは、膨大なデータ量を高速かつ動的に整理し分析する、非リレーショナルな分散データベースシステムである。スケーラビリティ、可用性、耐障害性において、従来のRDB(リレーショナルデータベース)を凌駕するデータベースとしてNoSQLが、注目を集めている。

R(アール)

  • 用語集 

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

RFM分析()

  • 用語集 

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

アソシエーション分析(Association Analytics)

  • 用語集 

データ間の相関関係を発見する場合に用いられる、データマイニングの手法のひとつ。

アナリティクス(Analytics)

  • 用語集 
  • タグ 

「アナリティクス」とは、ある目的にもとづいて、さまざまな分析手法やソフトウェアベースのアルゴリズムを駆使しながら、データに潜んでいる特定のパターンや相関関係などの知見を抽出すること。「データ分析」「ビッグデータ分析」とも。

インメモリデータベース()

  • 用語集 

データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

ウェアラブル(Wearable)

  • 用語集 

「ウェアラブル」とは、直訳すると「身につけられる」といった意味であり、IT業界では主に「ウェアラブル コンピュータ」、または「ウェアラブルデバイス(Wearable Device:身につけられる装置)」の略称として使われる。

クラウド・コンピューティング(Cloud Computing)

  • 用語集 

「クラウド・コンピューティング」とは、データを、パソコンや携帯端末ではなく、インターネット上に保存する使い方やサービス。

クラスター分析(Cluster analysis)

  • 用語集 

異なる性質のものが混ざりあっている集合体から互いに似たものを集めてグループ(Cluster)を作り、対象を分析する手法。

クリックストリームデータ()

  • 用語集 

Web サイトやオンライン・ショップにおける訪問者のアクセス・ログである。Web サイトやオンライン・ショップにアクセスした訪問者が、どのような順番に従ってWebサイト内を移動したのかという一連の履歴がわかる。来訪者はリンクをクリックしてサイト内を移動するため、「クリックの流れ」とも呼ばれる。

クロス集計()

  • 用語集 

2~3種類の情報に限定してデータの分析や集計を行なう手法。縦軸と横軸に項目を割り振り、特定の項目の相互関係を明らかにすることができる。

コレスポンデンス分析()

  • 用語集 

「コレスポンデンス分析」(Correspondence Analysis)とは、類似した項目を明らかにするため、各項目を数値化する分析手法である。

コンジョイント分析(Conjoint Analysis)

  • 用語集 

商品やサービスを構成する要素の最適な組み合わせを探るために多変量解析を用いた分析方法。

サイバーフィジカルシステム(Cyber-Physical System)

  • 用語集 

これまで「経験と勘」に頼っていた事象を効率化し、より高度な社会を実現するためのサービスおよびシステム。

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集 

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

シンギュラリティ(Technological Singularity)

  • 用語集 

シンギュラリティ(Technological Singularity:技術的特異点)とは、未来研究において、過去の歴史から今後の人類の技術開発の推測して得られる未来の正確かつ信頼できる限界点を指す。

テキストマイニング()

  • 用語集 

「テキストマイニング」とは、大量のテキストデータから情報や特長、傾向、相関関係などの知見を探し出す技術。文字列を対象としたデータマイニング

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集 

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

デシル分析(Decile Analytics)

  • 用語集 

「デシル分析(Decile Analytics)」とは、購買履歴データをもとに全顧客の購入金額を高い順に10等分し、各ランクの購入比率や売上高構成比などの有益な情報を得るための分析手法。

データウェアハウス(Data Warehouse)

  • 用語集 

「データウェアハウス(data warehouse)」とは、企業の意志決定のため、目的別に編成、統合され、なおかつ時系列で削除や更新をしないデータの集合体を指す。具体的には、複数の基幹システムからトランザクションを抽出して、再構成・再蓄積したデータの集合体を意味する。

データサイエンス(Data Science)

  • 用語集 

「データサイエンス」とは情報学の一種であり、データを重視する学問である。

データマイニング(Data Mining)

  • 用語集 

「データマイニング」とは、企業が収集したビッグデータを解析して、そこに潜む相関関係や価値のあるパターン(仮説)を発掘する技術。

データマネージメント(Data Management)

  • 用語集 

データを蓄積する仕組みの構築や運用、データ構造の可視化やデータの意味管理などを行いながらデータを適切に管理することで、データの信頼性・整合性を確保すること。

ドローン(Drone)

  • 用語集 

無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称。

ニューラルネットワーク(Neural Network)

  • 用語集 

脳機能の特性を表現することを目指した数学モデルである。人工ニューラルネットワークとも言う。

ビッグデータ(Big Data)

  • 用語集 
  • タグ 

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

ベイズ理論()

  • 用語集 

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

ボット(bot)

  • 用語集 

「ボット (bot) 」とは、「ロボット」の略称であり、もともと人間がコンピュータを操作して行う処理を自動的に実行するアプリケーションを指す。

マーケティングオートメーション(Marketing Automation)

  • 用語集 

デジタルマーケティングのプロセスの一部を自動化するソリューションプラットフォームである。

ロジスティック回帰分析(Logistic regression)

  • 用語集 

多変量解析の一種である。線形回帰分析が量的変数を予測するのに対して、ロジスティック回帰分析は質的確率を予測する。

ロボット(Robot)

  • 用語集 
  • タグ 

組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集 

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

共分散構造分析(Covariance Structure Analysis)

  • 用語集 

分析者が質問項目間の因果関係について仮説をたて、複数の構成概念間の関係を検証する統計的手法。

分散分析(Analysis of Variance: ANOVA)

  • 用語集 

観測データにおける変動を誤差変動と各要因およびそれらの交互作用による変動に分解することによって、要因および交互作用の効果を判定する、統計的仮説検定の手法のひとつ。

判別分析法()

  • 用語集 

データを異なるグループに分ける際に、まだ分類されていない新しいデータがどちらのグループに入るのかを判別するための基準を得るための分類の手法。

回帰分析()

  • 用語集 

「回帰分析」とは、2つの変数から相関関係や因果関係を導き出すために、一方の変数から将来的な値を予測するための予測式(回帰直線)を求める手法。

回帰直線()

  • 用語集 

「回帰直線」とは、最小二乗法によって求められる2組のデータにおける中心的な分布傾向を表す直線。

因子分析(Factor Analysis)

  • 用語集 

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

多変量解析入門()

  • 用語集 

複数の変数に関するデータをもとに、変数間の相互関連を分析する統計的技法の総称。

機械学習()

  • 用語集 
  • タグ 

「機械学習」とは、人間が自然に行っている学習能力と同等の機能をコンピュータで実現しようとする技術や手法。データから反復的に学習しそこに潜むパターンを見つけ出す。

決定木分析()

  • 用語集 

樹木状のモデルを使って要因を分析しその分析結果から境界線を探して予測を行う、データマイニングの手法のひとつ。

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集 

パターン認識技術の一種であり、画像や動画から文字や顔などのオブジェクトや特徴を認識し検出する手法。

畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network)

  • 用語集 

文字どおり、畳み込み(コンボリューション)を加えたニューラルネットワークの一種。個々のニューロンが視覚野と対応するような形で配置されており、画像や動画認識に広く使われる。

相関分析(Correlation Analysis)

  • 用語集 

2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

相関関係()

  • 用語集 

一方の値が変化すれば、他方の値も変化するという、2つの値の関連性を指す。

重回帰分析()

  • 用語集 

多変量解析のひとつであり、あるデータをほかの複数のデータによって予測する分析手法である。

非構造化データ()

  • 用語集 

「非構造化データ」とは、企業の基幹システムに保管されている構造化データに対し、日常業務で増える電子文書や紙文書、写真、動画、音声、Webコンテンツなど構造化されていないデータを指す。

音声認識(speech recognition)

  • 用語集 

人間の声をコンピュータに認識させることで、話し言葉を文字列に変換したり、あるいは音声の特徴をとらえて声を出している人を識別したりする認識技術である。

タグ AtoZ

BI(ビジネスインテリジェンス)

  • 用語集 
  • タグ 

「ビジネスインテリジェンス(BI)」とは、ビジネス上の意思決定を支援するために、蓄積された組織のデータを分析する手法や技術。意思決定支援システム(DSS)のひとつ。

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)

  • 用語集 
  • タグ 

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

アナリティクス(Analytics)

  • 用語集 
  • タグ 

「アナリティクス」とは、ある目的にもとづいて、さまざまな分析手法やソフトウェアベースのアルゴリズムを駆使しながら、データに潜んでいる特定のパターンや相関関係などの知見を抽出すること。「データ分析」「ビッグデータ分析」とも。

ビッグデータ(Big Data)

  • 用語集 
  • タグ 

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

ロボット(Robot)

  • 用語集 
  • タグ 

組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。

医療()

  • タグ 

営業()

  • タグ 

家電()

  • タグ 

教育()

  • タグ 

機械学習()

  • 用語集 
  • タグ 

「機械学習」とは、人間が自然に行っている学習能力と同等の機能をコンピュータで実現しようとする技術や手法。データから反復的に学習しそこに潜むパターンを見つけ出す。

製造業()

  • タグ 

農業()

  • タグ 

通信()

  • タグ 

電力()

  • タグ 

  • KSKサイド001

facebook

twitter