パターン認識技術の一種であり、画像や動画から文字や顔などのオブジェクトや特徴を認識し検出する手法。

  • 画像認識 (Image Recognition)とは

画像認識 (Image Recognition)とは

パターン認識技術の一種であり、画像や動画から文字や顔などのオブジェクトや特徴を認識し検出する手法。

画像認識(Image Recognition)」とは、パターン認識技術の一種であり、画像や動画から文字や顔などのオブジェクトや特徴を認識し検出する手法。画像や動画の背景から特徴を抽出し、マッチングや変換をおこない、目的となるオブジェクトや特徴を特定して認識する仕組み。

人間にとって画像や動画に映る人物やオブジェクトを特定することは簡単だが、ピクセル単位で管理するコンピュータにとって、画像認識は高度な技術である。

コンピュータによる画像認識研究は、1960年代から進められてきている。当時の研究は、人工衛星の画像解析など限られた分野に特化したものだった。21世紀に入りディープラーニング などの機械学習技術の進歩とハードウェア性能の向上により、画像認識の精度が飛躍的に向上し、人間と同等かそれ以上の画像認識性能を見せる技術も登場している。現在、画像認識はデジタルカメラの顔認識やスマートフォンの指紋認証など生活のなかで必要不可欠な存在となっており、人間の視覚機能と同等の機能をコンピュータで処理する画像認識は、重要な研究対象となっている。
http://gihyo.jp/dev/feature/01/opencv/0001

画像認識最新TOPICS

東陽テクニカ、ディープラーニングで胸部CT画像読影を補助するソフトウェア販売開始。(2017年01月30日 10:00)

測定機器の専門商社である株式会社東陽テクニカは、アメリカでディープラーニングの画像処理技術を用いた読影支援に強みをもつグローバルカンパニー、Riverain Technologies社の胸部CT血管透過・関心領域自動抽出ソフトウェア「ClearRead CT」の販売を開始した。

「ClearRead CT」は、AIの一手法であるディープラーニングを用いたアルゴリズムにより、胸...

  • KSKサイド006
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter