「アナリティクス」とは、ある目的にもとづいて、さまざまな分析手法やソフトウェアベースのアルゴリズムを駆使しながら、データに潜んでいる特定のパターンや相関関係などの知見を抽出すること。「データ分析」「ビッグデータ分析」とも。

アナリティクスとは

「アナリティクス」とは、ある目的にもとづいて、さまざまな分析手法やソフトウェアベースのアルゴリズムを駆使しながら、データに潜んでいる特定のパターンや相関関係などの知見を抽出すること。「データ分析」「ビッグデータ分析」とも。

アナリティクス」とは、ある目的にもとづいて、さまざまな分析手法やソフトウェアベースのアルゴリズムを駆使しながら、データに潜んでいる特定のパターンや相関関係などの知見を抽出すること。「データ分析」「ビッグデータ分析」とも。

ビッグデータがあくまでも事実の指標であるのに対して、データアナリティクスこそが、企業にとって最適な意思決定を支援する知見となる。

すなわちデータ アナリティクスとはビジネス課題を解決するためのアプローチであり、アナリティクスの手法は、ビジネスの課題によってさまざまに異なる。

代表的なデータ アナリティクス手法は、次のとおり。
■回帰分析(Regression Analysis)/ 重回帰分析(Multiple regression analysis)
■時系列分析(Time series Analysis)
■クラスタリング(Clustering Analysis)
■アソシエーション分析/マーケットバスケット分析(Affinity Analysis)

ビッグデータを対象としたデータ アナリティクスでは、数値データの分析だけでなく、さまざまな種類のデータを分析対象として扱う。例えばテキストデータと統計的手法を組み合わせたハイブリッドな分析手法を用いるケースもある。

イベント情報

  • KSKサイド005
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter