TensorFlowを学べるオンラインコース | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

TensorFlowを学べるオンラインコース

オープンソースのディープラーニング(深層学習)ソフトウェア「TensorFlow」の技術特集です。TensorFlowを使ってみたいデータ分析者、エンジニアの方におススメ!

[2016年08月04日 ]
株式会社KSKアナリティクス

 人工知能を実現する技術、従来の機械学習を超えた新たな技術としてディープラーニング(深層学習)に注目が集まっています。ディープラーニングは自動運転カーや囲碁ソフト、医療診断、音声検索アプリなど、身の回りの様々な仕組みへ実装され活用されています。

 Google Trendによると、「ディープラーニング」と「人工知能」は一緒に検索される頻度の高いキーワードであり、非常に難しく・複雑、高価なイメージがあるためおいそれと実装できない技術だと考える方も少なくないでしょう。
※人工知能、ディープラーニングなどの概念や活用メリットなどは別の記事で紹介します。

 ディープラーニングが実務で使えるものかを試したいけれど、何か良いソフトは無いものかとお悩みの皆さまに朗報です!ディープラーニングを実装できるオープンソースのソフトウェアが公開されています。例えば、Google社の「TensorFlow」、Microsoft社の「CNTK」、Preferred Networks及びPreferred Infrastructure社の「Chainer」、アカデミック発の「Theano」「Caffe」などが挙げられます。

 ここでは、Google社の「TensorFlow」にスポットをあて、ディープラーニングを実装する方法をご紹介します。

 TensorFlowはPythonまたはC++言語で実装(コーディング)します。GPUを使って高速に処理させることができ、処理プロセスを「TensorBoard」機能を使って確認することもできます。また、GmailなどのGoogle社の各種アプリケーションに組み込まれています。

 それではいよいよ、TensorFlowを使ってディープラーニングを試すことにしましょう!

次のページへ続く

【次ページ】オンラインの学習コース

著者プロフィール

株式会社KSKアナリティクス

 KSKアナリティクスのビジョンは、優れたアナリティクスの「オープンソース・ソフトウェア」と現場と協働する「アナリティクス・サービス」で、誰もが当たり前にデータを分析・活用できる社会を作ることです。

最新TOPICS

【IoT】NEC PC、IoTオープンイノベーションプラットフォーム「plusbenlly」のベータ版無料公開を開始---提携52社で始動、業界横断した「真結合」が必要(2017年07月21日 10:03)

NECパーソナルコンピュータは、7月19日、 IoTオープンイノベーションプラットフォーム「plusbenlly」のベータ版無料公開を開始した。 【テーマ】 ・IoTからビジネスを生み出すためには、業界横断した「真結合」が必要 ・plusbenllyは何が画期的なのか? ・個人情報の取り扱いはどうなる? ・企業をまたいだオープンイノベーションの推進は簡単ではない

関連タグ

シンギュラリティ(Technological Singularity)

  • 用語集

シンギュラリティ(Technological Singularity:技術的特異点)とは、未来研究において、過去の歴史から今後の人類の技術開発の推測して得られる未来の正確かつ信頼できる限界点を指す。

電力()

  • タグ

Apache Spark(アパッチ スパーク)

  • 用語集

「Apache Spark(アパッチ スパーク)」は、ビッグデータを複数のマシンに分散して高速に処理できる、オープンソースの分散処理プラットフォームである。

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

ロボット(Robot)

組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。

関連記事

  • KSKサイド006

facebook

twitter