TensorFlowを学べるオンラインコース | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

TensorFlowを学べるオンラインコース

オープンソースのディープラーニング(深層学習)ソフトウェア「TensorFlow」の技術特集です。TensorFlowを使ってみたいデータ分析者、エンジニアの方におススメ!

[2016年08月04日 ]
株式会社KSKアナリティクス

 人工知能を実現する技術、従来の機械学習を超えた新たな技術としてディープラーニング(深層学習)に注目が集まっています。ディープラーニングは自動運転カーや囲碁ソフト、医療診断、音声検索アプリなど、身の回りの様々な仕組みへ実装され活用されています。

 Google Trendによると、「ディープラーニング」と「人工知能」は一緒に検索される頻度の高いキーワードであり、非常に難しく・複雑、高価なイメージがあるためおいそれと実装できない技術だと考える方も少なくないでしょう。
※人工知能、ディープラーニングなどの概念や活用メリットなどは別の記事で紹介します。

 ディープラーニングが実務で使えるものかを試したいけれど、何か良いソフトは無いものかとお悩みの皆さまに朗報です!ディープラーニングを実装できるオープンソースのソフトウェアが公開されています。例えば、Google社の「TensorFlow」、Microsoft社の「CNTK」、Preferred Networks及びPreferred Infrastructure社の「Chainer」、アカデミック発の「Theano」「Caffe」などが挙げられます。

 ここでは、Google社の「TensorFlow」にスポットをあて、ディープラーニングを実装する方法をご紹介します。

 TensorFlowはPythonまたはC++言語で実装(コーディング)します。GPUを使って高速に処理させることができ、処理プロセスを「TensorBoard」機能を使って確認することもできます。また、GmailなどのGoogle社の各種アプリケーションに組み込まれています。

 それではいよいよ、TensorFlowを使ってディープラーニングを試すことにしましょう!

次のページへ続く

【次ページ】オンラインの学習コース

著者プロフィール

株式会社KSKアナリティクス

 KSKアナリティクスのビジョンは、優れたアナリティクスの「オープンソース・ソフトウェア」と現場と協働する「アナリティクス・サービス」で、誰もが当たり前にデータを分析・活用できる社会を作ることです。

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連タグ

営業()

  • タグ

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

ドローン(Drone)

  • 用語集

無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称。

MapReduce(マップリデュース)

  • 用語集

「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

ウェアラブル(Wearable)

  • 用語集

「ウェアラブル」とは、直訳すると「身につけられる」といった意味であり、IT業界では主に「ウェアラブル コンピュータ」、または「ウェアラブルデバイス(Wearable Device:身につけられる装置)」の略称として使われる。

関連記事

  • KSKサイド005

facebook

twitter