オープンソースデータ分析ソフト「RapidMiner」とは~簡単・手軽に分析できるRapidMinerの特徴 | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

オープンソースデータ分析ソフト「RapidMiner」とは~簡単・手軽に分析できるRapidMinerの特徴

オープンソースのデータ分析ソフト「RapidMiner」をフル活用する方法を連載!ソフトの特徴や分析チュートリアルを紹介します。

[2016年07月22日 ]
株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠

 前回は、データ分析ソフト市場の最近の動向、世界的にオープンソースのデータ分析ソフトが活用される傾向にあること、その中でも「RapidMiner」の人気が高く、高い評価を獲得していることを紹介しました。
 今回から、RapidMinerの特徴についてお伝えしていきます。

 RapidMinerは米国RapidMiner社が開発しているデータ分析ソフトです(※1)。日本では、弊社KSKアナリティクスがパートナー企業となっています(※2)。

 RapidMinerには4種類の製品シリーズがあります。
・RapidMiner Studio
・RapidMiner Server
・RapidMiner Radoop
・RapidMiner Cloud
 今回はRapidMiner Stuidioに焦点をあて、機能と特徴を紹介します。

 RapidMiner Studioはデータ統合機能、加工・整形(ETL)機能、分析(機械学習)機能、レポーティング機能を備えた統合型プラットフォームです。1台のマシン(Windows/Mac/Linux)にインストールすれば、すぐにこれらの豊富な機能を使うことができます。
 各機能は「オペレータ」と呼ばれる箱で表現されており、オペレータをマウスのドラッグ&ドロップで移動させ、分析に必要な処理を組み立て実行します。

 例えば、機械の稼働ログ(センサデータ)を使って故障予測を行いたい場合、どのような処理を行えばよいのでしょうか?

※1行が1台の機械の稼働状態(正常or故障)を示し、その時のセンサの値も計測したデータ

次のページへ続く

【次ページ】簡単操作で予測分析できる!(1)

著者プロフィール

株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠(あだち はるか)

 大手電機メーカー、事業会社を経てKSKアナリティクスへ入社。社内のデータ活用推進者としてマーケティング戦略、業務改善に関するデータ分析業務に携わる。テキストマイニング、レコメンデーション手法を得意とし、現在はIoTデータの活用も推進中。
 また、大学院(博士後期課程)にて複雑ネットワーク、トピックモデルに関する研究に従事。

最新TOPICS

【AI】AI国内市場予測---「AI導入検討中=17.9%」「年平均20.4%で成長」「米独市場と比べて高い成長率を維持」(2017年05月25日 10:03)

MM総研がAI国内市場予測を発表した。 【ポイント】 日本企業 ・人工知能(AI)をビジネスに導入している=1.8% ・導入検討中=17.9% AIの国内市場規模 ・2016年度=2220億円(前年度比約2倍) AIの国内市場規模成長予測 ・年平均20.4%で成長 ・2021年には5610億円に達する予測 ・米独市場と比べて高い成長率を維持

関連タグ

データサイエンス(Data Science)

  • 用語集

「データサイエンス」とは情報学の一種であり、データを重視する学問である。

教育()

  • タグ

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

相関分析(Correlation Analysis)

  • 用語集

2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

関連記事

  • KSKサイド004

facebook

twitter