オープンソースデータ分析ソフト「RapidMiner」とは~簡単・手軽に分析できるRapidMinerの特徴 | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

オープンソースデータ分析ソフト「RapidMiner」とは~簡単・手軽に分析できるRapidMinerの特徴

オープンソースのデータ分析ソフト「RapidMiner」をフル活用する方法を連載!ソフトの特徴や分析チュートリアルを紹介します。

[2016年07月22日 ]
株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠

 前回は、データ分析ソフト市場の最近の動向、世界的にオープンソースのデータ分析ソフトが活用される傾向にあること、その中でも「RapidMiner」の人気が高く、高い評価を獲得していることを紹介しました。
 今回から、RapidMinerの特徴についてお伝えしていきます。

 RapidMinerは米国RapidMiner社が開発しているデータ分析ソフトです(※1)。日本では、弊社KSKアナリティクスがパートナー企業となっています(※2)。

 RapidMinerには4種類の製品シリーズがあります。
・RapidMiner Studio
・RapidMiner Server
・RapidMiner Radoop
・RapidMiner Cloud
 今回はRapidMiner Stuidioに焦点をあて、機能と特徴を紹介します。

 RapidMiner Studioはデータ統合機能、加工・整形(ETL)機能、分析(機械学習)機能、レポーティング機能を備えた統合型プラットフォームです。1台のマシン(Windows/Mac/Linux)にインストールすれば、すぐにこれらの豊富な機能を使うことができます。
 各機能は「オペレータ」と呼ばれる箱で表現されており、オペレータをマウスのドラッグ&ドロップで移動させ、分析に必要な処理を組み立て実行します。

 例えば、機械の稼働ログ(センサデータ)を使って故障予測を行いたい場合、どのような処理を行えばよいのでしょうか?

※1行が1台の機械の稼働状態(正常or故障)を示し、その時のセンサの値も計測したデータ

次のページへ続く

【次ページ】簡単操作で予測分析できる!(1)

著者プロフィール

株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠(あだち はるか)

 大手電機メーカー、事業会社を経てKSKアナリティクスへ入社。社内のデータ活用推進者としてマーケティング戦略、業務改善に関するデータ分析業務に携わる。テキストマイニング、レコメンデーション手法を得意とし、現在はIoTデータの活用も推進中。
 また、大学院(博士後期課程)にて複雑ネットワーク、トピックモデルに関する研究に従事。

最新TOPICS

【ビッグデータ】日本におけるデータサイエンティスト人材不足問題---将来25万人も不足?(2017年03月30日 10:03)

日本における「データ分析」人材不足の現状について解説。 【テーマ】 ・日本の企業は何をするべきなのか ・ビッグデータを真の意味で活用できている日本企業はまだまだ少ない ・データサイエンティストは将来25万人も不足する?

関連タグ

農業()

  • タグ

R(アール)

  • 用語集

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

ベイズ理論()

  • 用語集

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

クリックストリームデータ()

  • 用語集

Web サイトやオンライン・ショップにおける訪問者のアクセス・ログである。Web サイトやオンライン・ショップにアクセスした訪問者が、どのような順番に従ってWebサイト内を移動したのかという一連の履歴がわかる。来訪者はリンクをクリックしてサイト内を移動するため、「クリックの流れ」とも呼ばれる。

関連記事

  • KSKサイド002

facebook

twitter