Tensorflowででたらめディープラーニング | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

Tensorflowででたらめディープラーニング

Creative Applications of Deep Learning with TensorFlow at Kadenze 第2回目の課題

[2016年08月22日 ]

アートとテクノロジーのオンライン学習サイト「Kadenze Academy」のTensorflowでディープラーニングを学ぶコース「Creative Applications of Deep Learning with TensorFlow」第2回目の課題をやりました。こちらに提出したnotebookを保存してます。

第2回目は、画像データを用いてディープニューラルネットを作り誤差関数、活性化関数、学習率、ミニバッチ等を学ぶような課題でした。前半のお題で使った1枚の画像データは愛犬の画像、後半の100枚の画像は前回同様アンジェリーナジョリーを使用しました。

前回は寄りのアンジェリーナジョリー、引きのジョリーが入り混じった画像で、特徴を捉えられず、のっぺらぼうのような不気味な表情を抽出してしまいましたので、今回は、より顔面にフォーカスして切り取り、紛れ込んでいたコーヒーカップはジョリーの顔面と入れ替えることで、なんとなく輪郭を捉えることができました。

最後に作成したグラフをさらに自由に探索するボーナス課題がありましたので、 tensorflowウェブサイトのこちらのチュートリアルの畳込み層、プーリング層、ドロップアウトを、作成した全結合層にくっつけて試してみました。その結果、浅黒い色からパステルピンクに変わる不気味なグラデーションを抽出してしまい、残念な結果になってしまいました。次の課題は残念なことにならないようにしたいと思います。

explore.gif

著者プロフィール

KSKアナリティクス 松尾

  • ブラジリアン柔術白帯
  • したい仕事:Spark、H2O、Kafka、Cassandra、Stormとかの大規模案件
  • 言いたいフレーズ:崩壊型ギブスサンプリング
  • 好きな業務:自習

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連タグ

クラスター分析(Cluster analysis)

  • 用語集

異なる性質のものが混ざりあっている集合体から互いに似たものを集めてグループ(Cluster)を作り、対象を分析する手法。

ロジスティック回帰分析(Logistic regression)

  • 用語集

多変量解析の一種である。線形回帰分析が量的変数を予測するのに対して、ロジスティック回帰分析は質的確率を予測する。

営業()

  • タグ

テキストマイニング()

  • 用語集

「テキストマイニング」とは、大量のテキストデータから情報や特長、傾向、相関関係などの知見を探し出す技術。文字列を対象としたデータマイニング

関連記事

  • KSKサイド002

facebook

twitter