ビッグデータ・IoTの分析・活用ための、最新事例やノウハウ、技術情報を提供する「Analytics News(アナリティクスニュース)」

TOPICS

TOPICS

【AI】アメリカ・サンノゼ国際空港での顔認識システム導入事例---国際線旅客処理時間を約16%削減(2018年8月10日 10:03)

【AI】アメリカ・サンノゼ国際空港での顔認識システム導入事例---国際線旅客処理時間を約16%削減

アメリカのサンノゼ国際空港では、顔認識システムを導入し旅行者の処理時間を削減したと発表した。

顔認識システムの導入経緯

サンノゼ空港を利用する国際線乗客数は、「2015年では199,900人」であったものの「2017年では438,800人」と急増しており、旅行者の処理時間削減が大きな課題となっていた。

顔認識システムの導入実施

顔認識システムは、デジタル画像を使用して、人の顔を確認または識別する。

6月から、すべての到着した国際線乗客に対して、顔バイオメトリクスシステムの使用を開始した。この秋からは、すべての出発する国際旅客にも使用されるという。

導入

イベント情報

  • KSKサイド002

facebook

twitter