2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

相関分析

2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

相関分析」(Correlation Analysis)とは、2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。相関関係は一方の変量が増加すると、他の変量も増加する正の相関関係と、一本の変量が増加すると他の変量は減少する負の相関関係に分かれる。

相関分析と類似の分析手法としてアソシエーション分析がある。アソシエーション分析(Association Analysis)が「商品Aを買っている人の65%が商品Bも買っている」といった関連性を分析する手法であるのに対して、相関分析(Correlation Analysis)は、「一方のデータが増えると、それに比例してもう一方のデータも増える」という2つのデータの相関関係の強さを分析する場合に適している。

相関分析を大別すると間隔尺度・比率尺度のデータに対して行うピアソンの積率相関分析と、順序尺度のデータに対して行うスピアマンの順位相関分析の2つがある。
http://bdm.change-jp.com/?p=1254

相関分析最新TOPICS

最新情報はありません。

相関分析最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

MDISが語る製造業DXの本質 ~脱炭素へ向けての環境管理DXと映像解析による製造現場DX~

ハラスメント対策の義務化において、職場はどのように対応すべきか? ~経営や人事部は、社内への教育をどのようにすべきか?~

事務機器企業(OA販社)がやるべき、粗利60%以上の再販ビジネスとは? ~事業環境が激変した事務機器企業やSIerが新たなストックビジネスを簡単に始めるには?~

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter