「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

MapReduceとは

「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。

分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

このフレームワークは、クラスター上での大規模な入力データに対するバッチ処理を想定し、分散コンピューティングを支援する目的で、2004年にGoogle社が発表した。以降、Google 検索のバックエンドで検索エンジンのインデックス作成や、アクセスログの統計解析など、様々な用途で利用されている。

MapReduceのライブラリ群は、C++、C#、Erlang、Java、OCaml、Perl、Python、PHP、Ruby、F#、R言語などのプログラミング言語で実装されている。

MapReduce最新TOPICS

最新情報はありません。

MapReduce最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

Function-As-AServiceプラットフォーム、主要プロバイダ9社とその状況

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【20社限定】Boxと周辺システムとの連携、自動化による業務改革 ~API連携、RPA連携、社外との簡単なファイル共有~

ウェビナー(Webセミナー)はリアルの劣化版なのか?/ウェビナー(Webセミナー)開催のポイント

NLG(自然言語生成)で分析データを自動「言語化」 ~データに触れるすべての人にインサイトを~

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter