「クラウド・コンピューティング」とは、データを、パソコンや携帯端末ではなく、インターネット上に保存する使い方やサービス。

  • クラウド・コンピューティングとは

クラウド・コンピューティングとは

「クラウド・コンピューティング」とは、データを、パソコンや携帯端末ではなく、インターネット上に保存する使い方やサービス。

クラウド・コンピューティング」とは、データを、パソコンや携帯端末ではなく、インターネット上に保存する使い方やサービス。

2006年、米Google CEOが「クラウド(雲)」という言葉をコンピューターサービスと結び付けて発言したのが始まりと言われている。

従来は、企業のオンプレミスのセキュアな環境下だけで可能だったデータの閲覧や編集が、クラウドサービスによって、場所も端末も選ばず、各種データを閲覧、編集、アップロードすることが可能になった。ことに、社外のスタッフともデータを共有できるグループウェアとしての使い方がクラウドサービスの普及に拍車をかけた。

そのほかクラウド・コンピューティングのメリットは、コストパフォーマンスにある。

クラウド・コンピューティングは、社内でネットワーク環境を構築して一からシステムを作り上げるより、低価格でのシステム構築を実現する。

一方、自社サーバーではなく、クラウド上で運用することに対するサービス品質やセキュリティー上の課題も残る。革新的な技術向上によって、年々、その不安は払拭されている。

業務で展開されているクラウドサービスの代表例には、次の3種類がある。

■SaaS(サーズ,サース Software as a Service)
パソコンにアプリケーションがインストールされていなくても、サーバーにアクセスすることで、インターネット経由でアプリケーションを使うことができる。

■PaaS(パーズ,パース Platform as a Service)
アプリケーションを開発・運用するための環境をインターネット経由で提供する。

■HaaS・IaaS(ハース Hardware as a Service・イアース,アイアス Infrastructure as a Service)
ハードウェアや回線などのインフラを、インターネット経由で提供する。

クラウド上でインフラ基盤が利用できるため、ハードウェア資産を所有することなく、必要なときだけ仮想サーバーやストレージ(外部記憶装置)を利用することができる。

クラウド・コンピューティング最新TOPICS

Amazon RDS や AURORA、Azure SQL Database など、主要 DBaaS ベンダー 13 社の評価レポートを公開(2017年10月31日 12:05)

サービスとしてのデータベース (DBaaS) は、企業情報システムにとってますます重要性を増しています。米 Forrester が調査した、Amazon RDS や AURORA、Azure SQL Database など、最有力 DBaaS ベンダー 13 社の評価レポートを公開しました。ぜひご参考ください。

クラウド・コンピューティング最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

Amazon Redshiftは企業に利益をもたらしているのか?8社を対象にしたIDCの調査レポート

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 20171130-netapp サイド
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter