FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)は、IoTデータ活用基盤サービス。

  • FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformとは

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformとは

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)は、IoTデータ活用基盤サービス。

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformとは

■概要

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)は、IoTデータ活用基盤サービス。

■基本説明

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformは、IoT専用のプラットフォームサービスで、さまざまなセンサーデータを収集/蓄積し、アプリケーションと連携したリアルタイムイベント処理を実行できる。

データストレージとして多種多様なデータ形式に対応できるNoSQL-DBを採用しており、さまざまなIoTデバイスやデータフォーマットに対応できる。

ユーザー企業は、IoTプロジェクトの開始にあたり、多額な初期投資は必要なく、短期間でIoTシステムを構築し、迅速なビジネス展開を可能とする。

■ユースケース

工場データ収集/活用

製造現場で発生する「センシングデータ」「製造機器ログ」「作業員情報」などの大量データを収集し分析することで、現場の問題点を洗い出し、生産性向上のための知見を得られる。

作業スタッフの安全性向上

工場や建設現場において「温度や湿度などの環境情報」や「作業スタッフの位置情報」をモニタリングすることで、作業スタッフの「熱中症予防」や「危険エリアの立ち入り抑止」など、安全性向上に活用できる。

動線把握による消費行動分析

商業施設などで顧客の位置情報を収集し、購買データと連携して分析することで、店舗レイアウト修正による売上向上施策として利用できる。

災害の早期検出

河川の状況をモニタリングすることで、氾濫などの危機管理に活用できる。

主な特徴

■安定パフォーマンス

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformの「ダイナミックリソースコントローラー機能」は、広域ネットワーク上のデータ処理を行う全リソースを自動的に制御することで、トラフィック変化に応じて最適なサービス実行状態を維持する機能を提供する。

■データセキュリティ

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformは、収集したセンサーデータに対してアクセス権限を設定できるため、セキュリティを確保できる。

また、収集データを複数企業間で活用するデータコラボレーションも実施できる。

■API連携

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformは、「HTTP REST」および「MQTTプロトコル」に対応したAPIを提供する。

これらのAPIを利用して「データ登録」「データ参照」「クエリ実行」「イベント処理」などの操作を行える。

■高可用性

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformは、各種クラウド形態に対応し、複数クラウド環境に業務システムを配置できる。

データセンターも複数リージョンに存在しており、高い可用性を提供する。

主な機能

■ダッシュボード機能

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformのダッシュボードでは各種データを参照できる。
・アカウント情報
・リソース情報
・イベント情報
・ログ情報
・利用実績 など

■イベントトリガー機能

トリガー条件を設定しておくことにより、「API起動」や「E-mail通知」などのアクションを実行できる。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト情報

→IoTデータ活用基盤サービス FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform : 富士通

 

参考元サイト

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform最新TOPICS

最新情報はありません。

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform最新CLOSEUPコラム

  • KSKサイド007
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter