文字どおり、畳み込み(コンボリューション)を加えたニューラルネットワークの一種。個々のニューロンが視覚野と対応するような形で配置されており、画像や動画認識に広く使われる。

畳み込みニューラルネットワークとは

文字どおり、畳み込み(コンボリューション)を加えたニューラルネットワークの一種。個々のニューロンが視覚野と対応するような形で配置されており、画像や動画認識に広く使われる。

畳み込みニューラルネットワーク」(Convolutional Neural Network:CNN)とは、文字どおり、畳み込み(コンボリューション)を加えたニューラルネットワークの一種。個々のニューロンが視覚野と対応するような形で配置されており、画像や動画認識に広く使われる。

畳み込みニューラルネットワーク」は、フィルタ内の領域の情報を畳み込んで作成するコンボリューションレイヤー(中間層)を導入しており、コンボリューションレイヤーから抽出される特徴に汎用性が高い。

コンボリューションレイヤーは、フィルタの数だけ作成される。これを重ねて活性化関数で繋ぐことで、「畳み込みニューラルネットワーク」のネットワークが構築される。畳み込みにより、点ではなく領域ベースでの特徴抽出が可能になるため、画像の移動や変形に有効であり、エッジなど領域ベースでないとわからない特徴抽出も実現する。

たとえば「畳み込みニューラルネットワーク」であれば、HD (High-Definition) ビデオの 1 フレームを取り込み、フレーム内の歩行者の有無を表す 1 ビットを出力するデザインが可能となる。

現在「畳み込みニューラルネットワーク」は、多くのタスクで驚異的な性能を達成し、ディープニューラルネットワーク分野の主力となっている。

http://postd.cc/how-do-convolutional-neural-networks-work/
http://hiro2o2.hatenablog.jp/entry/2016/02/05/215919

畳み込みニューラルネットワーク最新TOPICS

最新情報はありません。

畳み込みニューラルネットワーク最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料公開中

全員テレワーク時代のマーケティングを考える ~Webセミナーからの動画活用と訪問しないメール営業のはじめ方~

テレワークで社内Webシステム接続のセキュリティを確保する方法 IDaaSと社内Webシステムとを認証連携する方法も/Powered BLUEやトラスト・ログインの紹介

With/Afterコロナ時代のIT体制を考える 〜リモートワークへの対応は、IT体制の拡充&効率化の入口〜

  • KSKサイド006
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter