SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)は、すべての機能を単一の統合インメモリ環境で活用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツール。

SAS Visual Analyticsとは

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)は、すべての機能を単一の統合インメモリ環境で活用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツール。

SAS Visual Analyticsとは

■概要

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)は、すべての機能を単一の統合インメモリ環境で活用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツール。

■基本説明

ビジネスインテリジェンスツール「SAS Visual Analytics」は、「対話操作型レポーティング機能」「ビジュアルディスカバリー機能」「セルフサービス型アナリティクス機能」「テキスト分析機能」「地理空間コンテキスト分析機能」などの多くの機能を提供する。

すべての機能をスケーラビリティとガバナンスを備える統合インメモリ環境で利用できるため、ハイパフォーマンスな分析が可能となっている。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト情報

→SAS →SAS Visual Analytics

導入事例

→SAS →ユーザー事例

主な特徴

■共通インターフェース

「レポート作成」「データ探索」「データ分析」「情報共有」などのすべての作業を共通インターフェースから利用できる。

■セルフサービス型データ準備

ユーザーはドラッグ&ドロップのシンプル操作でデータ準備を実施できる。
・データアクセス
・データインポート
・データ結合
・データクレンジング
・データ品質管理
・計算項目作成 など

■セルフサービス型アナリティクス

SAS Visual Analyticsでは、エンドユーザーが自在に活用できる分析機能を提供する。
・ゴール探索分析
・シナリオ分析
・決定木分析 など

「重要な関係」「外れ値」「クラスター」などが自動的に強調表示されるため、エンドユーザーは重要な洞察を素早く獲得できる。

■モバイル対応「SAS Visual Analyticsアプリ」

iOS/Android向けネイティブモバイルアプリ「SAS Visual Analyticsアプリ」が提供されている。

タブレットやスマートフォンでレポートやダッシュボードを閲覧できる。

■クラウド対応

オンプレミス環境の他に、クラウド環境にも導入できる。

Cloud Foundry環境でも利用できる。

主な機能

■ビジュアライゼーション機能

SAS Visual Analyticsは、「高度なデータビジュアライゼーション手法」や「自動チャート作成機能を備えたガイド付き分析機能」などを備えており、「対話操作型レポート」や「ダッシュボード」を作成することで、スマートビジュアライゼーションでデータを表示できる。

要約された重要パフォーマンス指標を各種デバイスで速やかに共有できる。

■テキストアナリティクス機能

SAS Visual Analyticsのテキストアナリティクスは、「自然言語処理」「機械学習」「言語ルール」などを組み合わせてテキストデータを分析し、内部に潜む洞察を発掘できる機能。

ソーシャルメディアなどのテキストデータから、自社や自社商品に対するセンチメント(市場心理)が肯定的なのか否定的なのかについて把握できる。

■ロケーションアナリティクス機能

SAS Visual Analyticsのロケーションアナリティクスは、「各種データソース(トランザクションデータ、顧客データ、業務データなど)」と「位置情報データ」と組み合わせることで、地理空間のコンテキストに即した分析を実施できる機能。

位置情報分析によって「どこで発生したものなのか?」という場所に紐づく要素についての評価が可能となり、データ分析に新たな視点を追加できる。

■予測分析機能

SAS Visual Analyticsには予測分析機能も用意されている。

プログラミング一切不要で想定しうる結果を評価できるため、ビジネスアナリストによるデータ重視意思決定をサポートする。

スマートアルゴリズムによる自動化を推進できるため、手作業での試行錯誤を削減できる。

 

参考元サイト

SAS Visual Analytics最新TOPICS

最新情報はありません。

SAS Visual Analytics最新CLOSEUPコラム

  • KSKサイド004
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter