多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

因子分析

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

因子分析」(Factor Analysis)とは多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。因子分析の目的は「因子」を見つけることであり、大量のデータを少数の説明要因にまとめたり、(調査対象者の)回答の奥に潜む要因をまとめたりする場合に用いられる。言い換えると、因子分析とは「ある観測された変数(たとえば質問項目)が、どのような潜在的な因子から影響を受けているか」を探る手法といえる。

因子分析で扱うデータの形式は、主成分分析と基本的には同じである。しかし手法の出発点は全く異なる。

主成分分析では、変数の間の相関関係を用いて、無相関の合成変数を求めることで多くの変数を少ない変数に縮約するが、因子分析は、変数の間の相関関係から共通因子を求めることで、多くの変数を少数個の共通因子にまとめて説明することを目的としている。主成分分析が合成の分析であるのに対し、因子分析は分解の分析であると言える。

因子分析では、観測データにおける変数の間の関連成分をまとめたものを共通因子(common factor)と呼び、他の変数と関係がなくその変数のみ持っている成分を独自因子(unique factor)と呼ぶ。因子分析では、観測データはお互いに関連性を持っており、共通因子と独自因子に分解できることを前提としている。
http://www.macromill.com/landing/words/b001.html

因子分析最新TOPICS

最新情報はありません。

因子分析最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

MDISが語る製造業DXの本質 ~脱炭素へ向けての環境管理DXと映像解析による製造現場DX~

事務機器企業(OA販社)がやるべき、粗利60%以上の再販ビジネスとは? ~事業環境が激変した事務機器企業やSIerが新たなストックビジネスを簡単に始めるには?~

【Microsoft365ユーザー向け】世界一狙われやすい、Microsoft365メールを保護する「Vade for M365」を解説 〜Emotetの感染拡大などのメールセキュリティ最前線と、いまやるべき「未知の脅威」対策について解説〜

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter