Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

Azure Databricksとは

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

■関連する比較ページ

Azure Databricksとは

■概要

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

■基本説明

Azure Databricksは、Apache Sparkをベースとする分析サービス。

「高速」「使いやすい」「コラボレーション性」などの特徴があり、ビッグデータ分析ソリューションやAIソリューションを構築できる。

■ユースケース

Azure Databricksは、コラボレーション対応可能な統合環境を提供し、「Sparkでのデータ探査」「プロトタイプ作成」「データドリブンアプリケーション実行プロセス構築」などを行える。

データウェアハウス構築

規模を問わずさまざまなデータを集約することで、「分析ベース」「分析ダッシュボード」「運用レポート」などを作成できる。

カスタム機械学習モデル構築

Azure Databricksアーキテクチャを利用すると、規模を問わずあらゆるデータを結合し、カスタム機械学習モデルを構築できる。

ストリーミングデータのリアルタイム分析

「各種ストリーミングソース」や「Webサイトクリックストリームログ」などから継続的にデータを取得して、ほぼリアルタイムの分析情報を得られる。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト情報

→Azure →Azure Databricks

料金情報

→Azure →Azure Databricks →Azure Databricks の価格

最適化ApacheSpark環境

■Apache Sparkテクノロジー

Azure Databricksは、オープンソースのApache Sparkテクノロジーをベースとしている。

Apache Spark創始者たちと共に設計されたもので、Azureに最適化統合している。

■フルマネージドSparkクラスタ

Azure Databricksは、クラスタを起動し、Apache Spark環境をすばやく組み込む。

クラスタは、高信頼性とハイパフォーマンスを維持するように、自動的に「設定」「構成」「微調整」が行われる。

■コンポーネント

Azure Databricksには、Spark機能として次のコンポーネントが含まれている。
・構造化データ処理「Spark SQL」+「DataFrame」
・リアルタイム処理「Streaming」
・マシンラーニングライブラリ「MLib」
・グラフ計算「GraphX」
・言語サポート「Spark Core API」

主な特徴

■スケーラブル

Azure Databricksでは、分析プロジェクトや機械学習プロジェクトを簡単に自動スケーリングできる。

■言語(ライブラリ)サポート

Azure Databricksでは、言語やディープラーニングフレームワークを自由に選択して機械学習ソリューションを構築できる。

サポート言語

・Python
・Scala
・R言語
・SQL言語 など

サポートディープラーニングフレームワーク

・TensorFlow
・Keras
・XGBoost
・Pytorch
・Scikit-learn など

■エンタープライズセキュリティ

Azure Databricksは、エンタープライズレベルのセキュリティを提供する。

「シングルサインオン(Azure Active Directory統合)」と「ロールベースアクセス制御」により、詳細なユーザー権限設定を行える。

■Azureサービス統合

Azure Databricksは、Azureのデータベースやデータストアと深いレベルで統合できる。
・Azure SQL Data Warehouse
・Azure Cosmos DB
・Azure Data Lake Storage
・Azure Event Hubs
・Azure Data Factory
・Blob Storage など

 

参考元サイト

Azure Databricks最新TOPICS

最新情報はありません。

Azure Databricks最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

Zoomへのネットワーク接続を最適化する方法

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

AWSのコストが増大する主な要因とは?

テレワークで社内Webシステム接続のセキュリティを確保する方法 IDaaSと社内Webシステムとを認証連携する方法も/Powered BLUEやトラスト・ログインの紹介

多数クラウドサービスを新規契約、ユーザーIDの管理は人事異動や監査に対応できますか? ~ID管理マネージドサービス「Keyspider」の紹介~

  • KSKサイド004
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter