データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

インメモリデータベースとは

データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

インメモリデータベース(IMDB)」は、データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

「インメモリデータベース」は、メモリ上でデータアクセスを行うことで、高速かつ安定したパフォーマンスを提供する。

従来の、ハードディスクなどのストレージ(外部記憶装置)上に構築されるデータベースに比べると、データの読み書きを数百倍から数万倍も高速に実行する。

ただしメモリ上のデータは電源を切ると失われてしまうため、システムの終了・再起動時や一定時間ごとなどに、メモリ上の内容をストレージに保存してデータの永続性を確保する機能も搭載されている。

「インメモリデータベース」は、通信ネットワーク機器など、レスポンスの速さが求められるアプリケーションにおいてよく用いられている。

インメモリデータベース最新TOPICS

最新情報はありません。

インメモリデータベース最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【大企業向け】セキュリティ教育やポリシー強化だけでは防げない、データ誤送信や紛失による内部情報漏洩 〜不正アクセス・ランサムウェア対策以外に、技術的にどのように対応すべきなのか?〜

サーバールーム・工場・プラントにおける「IPKVMの中央管理システム」構築と「遠隔操作のセキュリティリスク」最小化の両立 〜オペレーションセンターからのデータ持ち出し、情報漏洩を撲滅する〜

あなたの会社はいま、DXに取り組むスキルが備わっているのか? ~まずは社員のITリテラシーを数値化してみよう~

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter