データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

インメモリデータベースとは

データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

インメモリデータベース(IMDB)」は、データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

「インメモリデータベース」は、メモリ上でデータアクセスを行うことで、高速かつ安定したパフォーマンスを提供する。

従来の、ハードディスクなどのストレージ(外部記憶装置)上に構築されるデータベースに比べると、データの読み書きを数百倍から数万倍も高速に実行する。

ただしメモリ上のデータは電源を切ると失われてしまうため、システムの終了・再起動時や一定時間ごとなどに、メモリ上の内容をストレージに保存してデータの永続性を確保する機能も搭載されている。

「インメモリデータベース」は、通信ネットワーク機器など、レスポンスの速さが求められるアプリケーションにおいてよく用いられている。

インメモリデータベース最新TOPICS

最新情報はありません。

インメモリデータベース最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料公開中

AWSのコストが増大する主な要因とは?

多数クラウドサービスを新規契約、ユーザーIDの管理は人事異動や監査に対応できますか? ~ID管理マネージドサービス「Keyspider」の紹介~

緊急事態宣言下、「テレワーク」のセキュリティ・リスクを、改めて考える ~GMOの「全員在宅勤務」を支えた、クラウドセキュリティを強化する認証基盤「トラスト・ログイン」~

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter