「ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、企業における資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を一元的に管理し、経営を支援するための手法。その手法のために利用される業務横断型ソフトウェアパッケージは、「ERPパッケージ」「統合基幹業務システム」「統合業務パッケージ」などと呼ばれている。

ERPとは

「ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、企業における資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を一元的に管理し、経営を支援するための手法。その手法のために利用される業務横断型ソフトウェアパッケージは、「ERPパッケージ」「統合基幹業務システム」「統合業務パッケージ」などと呼ばれている。

ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、企業における資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を一元的に管理し、経営を支援するための手法。その手法のために利用される業務横断型ソフトウェアパッケージは、「ERPパッケージ」「統合基幹業務システム」「統合業務パッケージ」などと呼ばれている。

ERPパッケージは、それぞれの業務が扱う資源を一元管理することで、部門ごとの管理では把握しきれなかった非効率性を排除したり、調達と生産、生産と販売など互いに関連する部門間の業務を円滑に連携し、密な情報共有を可能になる。

従来の「会計」「販売」といった業務別パッケージと、ERPパッケージとの違いは「1 Fact, 1 Place」という考え方にある。

業務別パッケージでは、経理処理に対応した会計パッケージと営業管理を行うための販売管理パッケージから算出された売上額が異なる。マスタもデータベースも異なるため、データにギャップが生じるためである。このような差異は、経営者が正確な売上額を知る際の障壁となる。

その点ERPパッケージでは、業務プロセスを標準化し、すべての業務、部門で1つに統合されたマスタを共有して、売上額などの数値は全社で常に1つの場所で管理する“1 Fact, 1 Place"という考え方に基づいているため、経営判断の指標となる数値を算出することが可能となる。

ERP最新TOPICS

最新情報はありません。

ERP最新CLOSEUPコラム

イベント情報

  • KSKサイド007

Analytics News ACESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter