「ウェアラブル」とは、直訳すると「身につけられる」といった意味であり、IT業界では主に「ウェアラブル コンピュータ」、または「ウェアラブルデバイス(Wearable Device:身につけられる装置)」の略称として使われる。

  • ウェアラブル(Wearable)とは

ウェアラブル(Wearable)とは

「ウェアラブル」とは、直訳すると「身につけられる」といった意味であり、IT業界では主に「ウェアラブル コンピュータ」、または「ウェアラブルデバイス(Wearable Device:身につけられる装置)」の略称として使われる。

ウェアラブル」(Wearable)とは、直訳すると「身につけられる」といった意味であり、IT業界では主に「ウェアラブル コンピュータ」(Wearable Computer)、または「ウェアラブルデバイス(Wearable Device:身につけられる装置)」の略称として使われる。または同等機能をもつハードウエアを「スマート デバイス(Smart Device)」と呼ぶ場合もある。

ウェアラブル デバイス」とノートパソコンやスマートフォンの違いは、単に「持ち運べる」だけではなく、身体に「身につけられる」コンピュータであるという点にある。

IoTの増大と共にウェアラブル デバイスはさまざまな進化を遂げており、腕時計型、眼鏡型、指輪型、靴型、懐中型、ペンダント型など様々なタイプの端末がある。いずれも小さく軽いデバイスで構成され、腕時計のように普段身につけるガジェットを利用したものから、ヘッド マウント ディスプレイ(HMD)のように、身につけて出歩くことも不可能ではないガジェット、あるいは衣類にコンピュータを統合したものまで存在する。

ウェアラブル デバイス」の課題としては、身につける(ウェアラブル)ための最適化がある。

たとえばヘッドマウントディスプレイの小型化や、入力機器、消費電力の少ないCPU、長時間動作可能な電源などの開発。さらに長時間身につけるため、それを前提とした設計が必要となる。たとえば、低温やけどをしないように発熱問題を解決することや、肌に直接触れる部分は、汗で金属部品が腐食しない設計にするなどの工夫である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF
http://www.sophia-it.com/content/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9

ウェアラブル最新TOPICS

最新情報はありません。

ウェアラブル最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

Amazon Redshiftは企業に利益をもたらしているのか?8社を対象にしたIDCの調査レポート

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter