Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)は、Azureが提供するフルマネージドIoT SaaSソリューション。

Azure IoT Centralとは

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)は、Azureが提供するフルマネージドIoT SaaSソリューション。

Azure IoT Centralとは

■概要

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)は、Azureが提供するフルマネージドIoT SaaSソリューション。

■基本説明

Azure IoT Central は、IoTに関する「接続」「管理」「監視」「情報収集/蓄積」「可視化」「アラート」などの作業をフルマネージドサービスとして提供する。

IoTプロジェクトにおいて「管理負担軽減」「運用コスト軽減」「オーバーヘッド抑制」などの効果を得られ、用途に応じてIoTアプリケーションを柔軟にカスタマイズできる。

主な特徴

■迅速構築

Azure IoT Centralでは、クラウド開発の専門知識がなくても、初期セットアップを容易に実行でき、数時間で運用環境で使用できるIoTアプリケーションを構築できる。

Microsoftは、クイックスタートやチュートリアルを提供しており、Azure IoT Centralアプリケーションの「作成」「カスタマイズ」「管理」「運用」に関する情報を参照できる。

■フルマネージド

Azure IoT Centralを利用するユーザー企業は、クラウド開発に関する専門的知識やスキルは一切必要なく、IoTソリューションを簡単に構築できる。

IoTを導入/運用するために必要なITインフラストラクチャはすべてMicrosoftが提供する。IoTソリューションの「構築」「カスタマイズ」「デプロイ」「スケーリング」などの機能を利用できる。
また、Azure IoT Central上で「デバイス接続」「データ収集」「データ可視化」「データ分析」まで一貫して行える。

Azure IoT Centralは「IoT-as-a-Service」として利用できる。
ユーザー企業は、IoTプロジェクトを開始するにあたって、多額の初期費用を投じて「IoTに関する専門的知識を持った人材」「IoT用ハードウェア」などを社内に準備することなく、IoTを組み込んだシステムを構築し運用できる。

■セキュリティ

Azure IoT Centralでは、エンドツーエンドのIoTセキュリティ機能が組み込まれているためセキュリティを容易に確保できる。

「Active Directoryによるアクセス許可との統合」や「ロールベースのアクセス権限設定」などのプライバシー機能により、データを自分の管理下に置き安全に管理できる。

Azure IoT Centralは、業界で推奨されている「X509証明書ベース接続」と「共有アクセスシグネチャ(SAS:Shared Access Signature)接続」をサポートしている。
X.509証明書は、チェーン内の各証明書が次の上位の証明書の秘密鍵で署名され、自己署名付きルート証明書で終了する証明書チェーンに配置される。この仕組みにより、信頼できるルート認証局によって生成されたルート証明書から各中間認証局を経由して、デバイスにインストールされたエンドエンティティ「リーフ」証明書への委任された信頼チェーンが確立される。

■スケーラブル

Azure IoT Centralは任意のスケーリングが可能で、数百万台のデバイスに対応できる。

■エンタープライズ統合

構築したAzure IoT Centralアプリケーションは、各種Azureサービスや他のビジネスシステムと統合できる。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト情報

→Azure →Azure IoT Central

■料金情報

→Azure →Azure IoT Central →IoT Central の価格

 

参考元サイト

Azure IoT Central最新TOPICS

最新情報はありません。

Azure IoT Central最新CLOSEUPコラム

  • KSKサイド004
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter