スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)は、データの「収集」「管理」「見える化」「異常検出時警報自動通知」などの機能を提供するIoTソリューション。

  • スマートIoTサービスとは

スマートIoTサービスとは

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)は、データの「収集」「管理」「見える化」「異常検出時警報自動通知」などの機能を提供するIoTソリューション。

スマートIoTサービスとは

■概要

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)は、データの「収集」「管理」「見える化」「異常検出時警報自動通知」などの機能を提供するIoTソリューション。

■基本説明

スマートIoTサービスは、店舗/ビルなどの管理拠点から「各種環境データ(温度/湿度/電力/CO2濃度など)」や「産業用機器稼働データ」を自動的に収集しクラウド環境に蓄積して活用できるIoTソリューション。

収集データのクラウド環境への送信は、3G/LTEを使用したモバイル通信により簡単に構成できるため、バリューチェーンとしての「遠隔監視/制御サービス」を低コストで構築できる。

ユースケース

■温度管理

食品関連チェーン店の統合温度監視

「飲食チェーン店」「スーパー」「コンビニ」「百貨店」などの各店舗の「冷蔵庫」や「ショーケース」の内部温度を24時間監視する仕組みを構築できる。

膨大な温度データを一元管理できるようになり、コスト削減と食品衛生管理レベル向上を実現できる。

流通業向け倉庫温度監視

倉庫内の温度監視を自動化して見える化することで、「飲食品の安全性確保」や「商品管理の信頼性確保」を実現できる。

医薬品向け常時温度監視

医薬品保管庫内の温度監視を自動化し、医薬品の劣化を防止し品質を確保できる。

■設備管理

生産設備の稼働監視

生産設備/機器の「稼働データ」を収集することでリアルタイムの遠隔稼働監視を行える。

同時に「温度」「湿度」などの環境データも収集することで、故障予防対策にも活用できる。

■安全作業管理

熱中症予防向け工場内温度一括管理

工場内の温湿度の監視を自動化して、悪影響が発生する状況になった場合にアラートを出すことで、作業員の安全衛生対策を行える。

■省エネ

オフィスビル/工場などの省エネ推進

ビル管理システムと接続し適切な空調制御を実施することで、高効率な省エネを推進できる。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト情報

→日立情報通信エンジニアリング →スマートIoTサービス

主な特徴

■遠隔監視自動化

スマートIoTサービスは、収集した機器/センサー類の全データをクラウド内に蓄積し、常に異常監視を実施する。

異常を検知した場合は、店舗/ビル/工場などの管理者に対して「どのような異常が発生したのか?」を警報として通知する。

きめ細かな監視の自動化により「運用コスト削減」「異常の即時検知と即時対応」などが可能となり、全体としてのサービス品質向上につながる。

監視時間帯設定

監視時間帯は細かく調整できる。
・24時間業務に対応
・曜日ごとに設定
・臨時業務日の設定
・検査停電時間の設定 など

■既存インフラに柔軟に対応

IEEE1888プロトコル

スマートIoTサービスは、次世代ビルエネルギー管理システム「BEMS(Building Energy Management System)」やスマートグリッド向けに開発された「IEEE1888プロトコル」にも対応している。

既存資産を有効活用

システム構築に際して、既存のインフラ設備/機器/センサー類をそのまま流用できるため、資産を無駄にせず有効に活用できる。

IoT/M2Mシステム構築

さまざまなサービスとのシームレス接続も可能であるため、広範な分野にわたる「IoT/M2Mシステム」を構築できる。

 

参考元サイト

スマートIoTサービス最新TOPICS

最新情報はありません。

スマートIoTサービス最新CLOSEUPコラム

  • KSKサイド005
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter