「デジタルトランスフォーメーション」(DX:Digital transformation)とは、「AIやIoTなどのICTを用いてビジネスや社会システムの基盤についてデジタルを前提とした仕組みに作り替える取り組み」を意味する。「ITの浸透により、企業/産業の事業活動や都市運営などを変革し、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」などの概念である。

デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital transformation)とは

「デジタルトランスフォーメーション」(DX:Digital transformation)とは、「AIやIoTなどのICTを用いてビジネスや社会システムの基盤についてデジタルを前提とした仕組みに作り替える取り組み」を意味する。「ITの浸透により、企業/産業の事業活動や都市運営などを変革し、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」などの概念である。

概要

「デジタルトランスフォーメーション」(DX:Digital transformation)とは、「AIやIoTなどのICTを用いてビジネスや社会システムの基盤についてデジタルを前提とした仕組みに作り替える取り組み」を意味する。

「ITの浸透により、企業/産業の事業活動や都市運営などを変革し、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」「デジタル化による新たな価値の創造をもたらす」という概念である。

デジタルトランスフォーメーションは、ビジネス現場でAIやロボットが活用されはじめた現状から、「既存概念にとらわれず、成長や企業競争力を維持するための考え方」として注目を集めている。

デジタルトランスフォーメーションの経緯と重要性

デジタルトランスフォーメーションは、2004年に、スウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が「ITの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念を提唱したことに始まる。

20年程前の時代と比較すると、「インターネット/PCの普及」「スマートフォン/タブレットの登場」などにより、デジタル機器やそれに伴ったサービス展開が著しく成長しており、ヒト/モノがデジタルデータで直接つながることで地域/時間などの制約がなくなりつつあり、人々の周囲を取り巻く環境は劇的に変化している。そして、この流れは、不可逆的であり「後戻りできないもの」とされている。

その結果、ユーザー/企業を取り巻くデジタル環境はさらなるステージへの発展が求められており、デジタル時代に合わせてビジネスを変革していかなければ、競争力のあるデジタルソリューションに現在のビジネスを奪われてしまうかもしれないという危機感も潜んでいる。

このデジタル化の発展こそが「デジタルトランスフォーメーション」というビジネス概念になっている。

デジタルトランスフォーメーション最新TOPICS

【DX】大手商社が進めるデジタルトランスフォーメーション---IoT時代のビジネスモデル創出、丸紅の事例、三井物産の事例(2018年03月26日 10:03)

双日、丸紅は4月にデジタル技術の活用を目的とした新部署の設置や組織改編を実施するなど、大手商社がデジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)を加速している。 【デジタルトランスフォーメーションとは】 「デジタルトランスフォーメーション」(DX:Digital transformation)とは、「AIやIoTなどのICTを用いてビジネスや社会システムの基盤についてデジタルを前提とした仕...

デジタルトランスフォーメーション最新CLOSEUPコラム

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter