「デシル分析(Decile Analytics)」とは、購買履歴データをもとに全顧客の購入金額を高い順に10等分し、各ランクの購入比率や売上高構成比などの有益な情報を得るための分析手法。

デシル分析とは

「デシル分析(Decile Analytics)」とは、購買履歴データをもとに全顧客の購入金額を高い順に10等分し、各ランクの購入比率や売上高構成比などの有益な情報を得るための分析手法。

デシル分析(Decile Analytics)」とは、購買履歴データをもとに全顧客の購入金額を高い順に10等分し、各ランクの購入比率や売上高構成比などの有益な情報を得るための分析手法。「デシル(Decile)」とはラテン語を語源とする「10等分」という意味であり、「デシル分析」は、「10分の1分析」と言い換えることもできる。「デシル分析」の比率や構成比によって、対売上高貢献度の高い優良顧客層を知ることができる顧客分析手法。

デシル分析」の目的は優良顧客層を把握し、そこに集中して効率的なマーケティングを施策することにある。

たとえば、自社の顧客データを「デシル分析」によって、「売上の80%は20%の顧客が生み出している」と言うパレートの法則に当てはまるかどうかを検証する。実際に、上位2割の顧客が何割の売上を占めているかを把握できれば、上位の優良顧客に対してどのようなサービスができるかといったマーケティング施策を施すことが可能となる。

デシル分析最新TOPICS

最新情報はありません。

デシル分析最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

低コストでシステムを監視するには? ~運用監視ノウハウ不要! SaaS型システム監視~

最高のパフォーマンスとセキュリティを両立させるゼロトラストの在り方 ~Zscalerで実現するクラウド時代のサイバーセキュリティ~

各国/各言語/各部署で乱立するウェブサイトの基盤を統一する重要性 ~デジタル庁が各省庁の基盤を統一するために採用した「Drupal」とは~

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter