Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

Karakuriとは

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

Karakuriとは

■概要

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

■基本説明

Karakuriは、カスタマーサポートに特化したチャットボットサービス。

カスタマーサポートの現場で、社内用FAQとして活用したり、顧客対応の自動化を実現できる。

AIチャットボット業界初として正答率95%を保証している。

■経緯

Karakuriは、AIを使ったプロダクトを提供することで、面倒な業務を大幅に軽減し、人間がもっと楽しく意義のある仕事ができるような世の中にしていくことを目指して開発されている。

主な特徴

■正答率95%保証

多くのAIチャットボットが存在している中で、Karakuriは「正しく答える」ことを保証するサービスとして「正答率95%保証」を実現している。

AIトレーニングのやり方として、大量データを覚えさせて精度を上げていこうとするのが一般的だが、Karakuriは異なる手法を取っている。

KarakuriのAIトレーニングでは、実際に問い合わせがあった実データを用いてAIを学習させる。
コールセンターで生じうる問答シナリオを詳細に設計し、問い合わせ実データをAIが理解しやすい質と量に整えてから、トレーニングとチューニングを繰り返す方法を行っている。この方法により、単純に想定質問を文節に区切って辞書と照合して解析するだけの方式よりも高い精度を実現できている。

実際の現場に導入される前に、AIに対して「100問質問して95問以上正答できるか?」のテストを実施し、合格して初めて現場にデビューできる。この精度は、人間では「中堅レベル程度」であり、即戦力として活躍できるレベルに達している。

実際にKarakuriを導入している現場では、平均して98%の正答率を達成している。

■コールセンターログ特化型深層学習アルゴリズム

Karakuriの深層学習アルゴリズムは、自社開発しているものであり、コールセンターのログに特化している。

他の同様なチャットボットサービスでは、汎用AIをトレーニングして流用しているが、Karakuriでは、コールセンターのログに対してフォーカスしているため、正答率は10ポイント近く向上できる。

■東大大学院人工知能研究チームによる開発

KarakuriのAIは、CTOの中山氏をはじめとする東京大学大学院の研究者チームにより開発され、最新の深層学習/機械学習についての研究が行われ機能向上が続けられている。

「さらに少ない教師データで正答率を向上させる研究」「機械学習による教師データの作成補助」「AIによる会話シナリオの最適化」なども研究が続けられている。

■インターフェース

管理用インターフェースは、直感的なユーザーインターフェースを採用することで、カスタマーサポート現場での使いやすさを重視している。

プログラミング関連の知識がなくても、運用現場で回答データの入力や会話シナリオの改善が可能となっている。

■他サービス連携

Karakuriは、SNS「LINE」やCRM「Salesforce」との連携を行える。

LINEの場合は、「LINE Messaging API」や「LINE Customer Connect」などを使用してアクセスできる。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト情報

→Karakuri(カラクリ) | AI搭載チャットボット

■導入事例

→Karakuri →導入事例・インタビュー

 

参考元サイト

Karakuri最新TOPICS

最新情報はありません。

Karakuri最新CLOSEUPコラム

  • KSKサイド003
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter