「ボット(BOT)」とは、人間がコンピュータを操作して行う処理について、人間に代わって特定の命令に従って自動的に実行するアプリケーションプログラムを意味する。

ボット (Bot) とは

「ボット(BOT)」とは、人間がコンピュータを操作して行う処理について、人間に代わって特定の命令に従って自動的に実行するアプリケーションプログラムを意味する。

目次

「ボット(BOT)」とは
■概要
・タスクを繰り返し実行
・語源
■主なボット種類
・検索エンジン用サーチボット「クローラー」
・コミュニケーションボット
・Twitterボット

「チャットボット」とは
■概要
■活用例
・AIスピーカー
・デジタルアシスタント
・エンドユーザーサポート
・カスタマーサポート業務効率化
・サイトFAQでのユーザー満足度の向上
・デジタルマーケティング

不正目的ボット
■ウイルスボット
・概要
・「ボットネットワーク」に加担
・適切な情報セキュリティ対策が必要
■オンラインネットゲーム用ボット
■スパムボット

「ボット(BOT)」とは

■概要

ボット(BOT)」とは、人間がコンピュータを操作して行う処理について、人間に代わって特定の命令に従って自動的に実行するアプリケーションプログラムを意味する。

タスクを繰り返し実行

ボットは、主にインターネットにおいて、単純な繰り返しタスクを自動で実行するプログラムを指す。そのため、ローカルマシン内でのみ動作するプログラムは含まない場合が多い。

ボットによるタスク実行速度は、人間が手動で行う場合に比べて、遥かに高速に実行される。

語源

ボット(BOT)」の名称は、人に代わって作業を行う機械「ロボット(ROBOT)」を語源としている。

別称として「インターネットボット(Internet Bot)」「ウェブボット(Web Bot)」などがある。

■主なボット種類

検索エンジン用サーチボット「クローラー」

ボットの代表例として、「クローラー」や「検索ロボット」「サーチボット」と呼ばれる機能がある。

Googleなどの検索エンジンなどが、インターネット上に存在する無数のWebサイトを定期的に巡回して、サイト情報を自動的に収集する。サイト内のページ上のリンクを順にたどっていくことで、それぞれの情報を自動的に収集して、分析と分類を行い、データベース化していく。

この作業を人間の手作業で行おうとした場合には、膨大な時間とコストがかかるが、常時「クローラー」に実行させることで、検索結果をアップデートし続けることが可能になる。

サイト管理者は、設定ファイル「robots.txt」や「Webページ(HTMLファイル)のmetaタグ」などの指定により、「クローラー」巡回による情報収集を回避することもできるようになっている。

コミュニケーションボット

「コミュニケーションボット(AIアシスタント)」とは、人間の自然言語による質問を受け付け、自然に応答できるボット

「天気予報」「郵便番号情報」「スポーツ対戦結果」などの情報を提供する。

代表的なコミュニケーションボットとして、Apple「Siri」、Microsoft「Cortana」、Google「Googleアシスタント」などがある。

Twitterボット

「Twitterボット」とは、Twitter上において自動的にツイートを発信するプログラムのことで、これもボットの一種とされる。

ツイート内容としては「天気予報」「時報」「公共交通の運行情報」などの役立つ情報を発信しているものが多い。

さまざまなTwitterボット用のプログラムやサービスが用意され、シンプルなボットであれば、プログラミングスキルがなくても作成できる。

「チャットボット」とは

■概要

「チャットボット(ChatBot)」とは、ユーザーと対話することでタスクを実行できるボット。名称は「対話(Chat)」と「ロボット(Bot)」を組み合わせたものとされる。

チャットボットは人間が入力する「テキスト」や「音声」に対して、自動的に回答する機能を有している。

チャットボットを利用することで、これまで人間が対応していた「問い合わせ対応」「注文対応」などの作業を代行させることができる。

質問した人間側に対して、人間のようなリアクションができるため、単に検索エンジンに検索ワードを入力するよりも、コミュニケーション性が生まれる。そのため、企業とユーザーをつなぐコミュニケーションツールとして注目を集めている。

チャットボットは、サービスとしてさまざまな場所に実装できるため、ユーザーの身近な場所で活用できる。
・Webサイト
・SNS(Twitter、Facebook)
・チャットツール(Slack)
・スマートフォンアプリケーション など

■活用例

AIスピーカー

音声によるチャットボットサービスを提供するAIスピーカー(スマートスピーカー)として「Amazon Echo」「Google Home」「Apple HomePod」などが発売されている。

今までPCやスマートフォンで行っていたことについて、AIスピーカーを利用することで「音声」のみで操作できる。
・調べ物
・ニュースを聞く
・メモ登録
・オンラインショッピング
・音楽鑑賞
・家電操作 など

クラウド技術の発達により、大量のデータを安価に収集し、解析できるようになり、AI利用が加速している。

デジタルアシスタント

iPhoneで利用できる「Siri」も、人間が入力する音声に対して回答するスタイルのチャットボットの1つ。SiriはiPhoneにインストールされているアプリとも連動できるため、「今日のスケジュールを教えて」と入力すると、カレンダーアプリに登録されている予定について、音声やテキストで回答してくれる。

ビジネス向けチャットサービス「Slack」では、独自のチャットボットを内蔵し、「リマインダー設定」や「メモ作成」でユーザーをサポートする。

システムエンジニアの間では、ChatOpsと呼ばれるチャットの活用も行われている。「Slackと監視システムを連携させて障害発生時アラートをチャットツールに投稿」や「チャットツールからシステムの操作を行う」などのことを行える。

エンドユーザーサポート

チャットボットを利用することで、さまざまな場面でエンドユーザーをサポートできる。
・情報検索サポート(観光情報、飲食店情報)
・オンラインショッピングサイトでの発注サポート
・預貯金管理サポート など

カスタマーサポート業務効率化

多くの企業のカスタマーサポート部門では、電話/メール/SNSなどで、オペレーターがユーザーからの問い合わせを受け付け、オペレーターが個別に対応している。

このカスタマーサポートにチャットボットを活用すると、カスタマーサポート業務を大幅に削減でき、効率化できる。

チャットボットを用いたカスタマーサポートでは、「あらかじめ想定される問い合わせ内容」と「対応する回答」をチャットボットシステムに登録しておく。ユーザーはチャットボットを通じて、希望する回答を得ることができ、問い合わせ対応を完了できる。

登録されていない問い合わせについてはオペレーターが対応する必要があるが、オペレーターが対応しなければならない問い合わせ数を削減できるため、オペレーター人員数を削減できる上に、ユーザーの満足度向上にもつながる。

また、チャットボットの導入は、ユーザーに気軽にカスタマーサポートを利用してもらえることにもつながる。「オペレーターにわざわざ電話するのは面倒」などの理由で利用を躊躇してしまうケースもある。チャットボットであれば、人間であるオペレーターを介在させずに問い合わせを行えるため、カスタマーサポートの利用率を向上させ、ユーザーとの顧客接点増加につながると期待されている。

サイトFAQでのユーザー満足度の向上

情報量が多いサイトの場合、ユーザーが望む情報をシンプルに提供できることが重要となる。

ユーザーの状況やニーズに合わせて作成されているFAQページを用意しているサイトは多いが、ユーザーが満足できる情報が表示されない場合は、不満につながってしまう可能性がある。

チャットボットをFAQとして活用すると、ページ遷移や長いスクロールをして情報を探す必要がなくなり、ユーザーは使い慣れているメッセージングアプリのような感覚で質問して、目的とする最適な情報を得ることができる。この利便性は、ユーザーの満足度向上に寄与する。

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングの領域においても、チャットボットは「Web接客」として大きな注目を集めている。

従来であれば、ユーザーが企業サイトの情報を見ている場面で「問い合わせを行いたい」と思った場合、「お問い合わせページ」や「資料請求ページ」にメールアドレスなどの情報を入力して問い合わせを行い、返信が来るまで待たなければならないという状況があった。この「入力の手間」「個人情報保護意識」「レスポンスの低さ」などにより、貴重なチャンスを逃してしまっていたと考えられている。

このような点において、チャットボットの有用性が注目されている。

企業サイト上にチャットボットサービスを配置しておけば、ユーザーが「この製品の価格は?」などのように、簡単操作で気軽に問い合わせを行うことができ、なおかつ、リアルタイムで回答を得られる。

チャットボットを利用することで、企業はユーザーとの接点を増やし、距離を縮めることができ、最適な商品/サービスを案内することも行える。

不正目的ボット

ユーザーの利便性向上に貢献するボットに対して、不正な目的で使用されているボットも存在している。

■ウイルスボット

概要

「ウイルスボット」とは、コンピュータを外部から遠隔操作するためのバックドア型不正プログラムの一種である。

「ボットネットワーク」に加担

ウイルスボットに感染したコンピュータは、高度/大規模な破壊行為を行うために複数のコンピュータを連携させる「ボットネットワーク」の一部として動作するようになり、迷惑行為や犯罪行為に悪用されてしまう。
・迷惑メール配信
・インターネット上のサーバへのDDoS攻撃
・感染したコンピュータに含まれる情報の盗み取り(スパイ活動) など

適切な情報セキュリティ対策が必要

ウイルスボットに感染されたコンピュータの所有者は「被害者」兼「加害者」になってしまうため、ウイルスボットへの対策として、日常的に適切な情報セキュリティ対策を心がける必要がある。
・OS/ソフトウェアを常に最新の状態にする
・総合的なセキュリティソフト導入(常に最新状態に更新)
・外部不正サイトへのアクセスをブロック(Web経由でのボット感染を防ぐ)
・スパム対策機能(電子メール経由でのボットの侵入を防ぐ)

■オンラインネットゲーム用ボット

オンラインゲームで利用されるボットは、本来プレーヤーが操作するキャラクターをプレーヤーに代わって「自動操縦」するプログラムを意味する。

自動的にゲーム内通貨や価値のあるアイテム獲得を続けるため、ゲームバランスを崩壊させるものとして、多くの場合ネットゲーム上でのボットの使用は規約によって禁止されている。

■スパムボット

「スパムボット」は、サイトを巡回して電子メールアドレスを収集してスパムメールを大量に送信したり、掲示板やブログなどにスパム広告を大量に書き込むことを行う。

 

参考元サイト

ボット最新TOPICS

海外発B to Cチャットボットサービスの事例紹介(2017年05月21日 10:00)

人工知能を活用した自動会話プログラム、チャットボットサービスの領域が広がっている。Amazon Echo、Google Homeだけでなく、語学学習、オンラインショッピング、ヘルスケアなど各分野で衆目を集める、海外発B to Cチャットボット事例を紹介する。

チャットボット事例:ロボット講師による英会話レッスンサービス

...

無料資料プレゼント

第2回「多要素認証の種類と方法」

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • KSKサイド007
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter