データを蓄積する仕組みの構築や運用、データ構造の可視化やデータの意味管理などを行いながらデータを適切に管理することで、データの信頼性・整合性を確保すること。

データマネージメントとは

データを蓄積する仕組みの構築や運用、データ構造の可視化やデータの意味管理などを行いながらデータを適切に管理することで、データの信頼性・整合性を確保すること。

データマネージメント」とはデータを登録・更新・活用して品質を管理すること。

データを蓄積する仕組みの構築や運用、データ構造の可視化やデータの意味管理などを行いながらデータを適切に管理することで、データの信頼性・整合性を確保すること。

データマネージメントの目的は、広義にはビッグデータをもとに正しい現状の認識に基づいた意思決定をすることを目指し、狭義ではデータ運用に対するルールを明確化する前にシステムの移行を行った場合や、コンプライアンス対応や企業合併といった状況でフレームワークの変更が追いつかない場合などにデータが破損したり、改変されたりして整合性が保てなくなるのを防ぐためにある。

データマネージメント協会では、企業内の完全なデータのライフサイクルを管理するために、次のようなデータの管理を推奨している。

■データガバナンス
■データアーキテクチャ、分析、および設計
■データベース管理
■データセキュリティ管理
■データ品質管理
■リファレンスおよびマスターデータ管理
■データ・ウェアハウスおよびビジネス・インテリジェンス・マネジメント
■文書、記録、およびコンテンツ管理
■メタデータ管理
■連絡先データの管理

データマネージメント最新TOPICS

第一生命保険、契約者のビッグデータ活用事例(2016年01月27日 10:00)

 第一生命保険の渡辺光一郎社長が朝日新聞の取材に応じ、保険契約者約1千万人の健康状態や過去の支払い状況といった膨大なビッグデータを活用した金融サービス「フィンテック」を提供し、保険を引き受ける際の査定や保険商品の開発、販売などに生かす考えを示した。 ビッグデータ活用で、保険料が低額に。 インシュアランス(保...

セミナー講演資料公開中

取引先と、インターネット経由でセキュアにファイルを共有する方法 AWSで12億ファイルも管理可能な Alfresco と、「後から削除できる」Final Code

【Webセミナーに変更】日本人が知らない、欧米企業のIT体制と、日本との格差~2025年の崖を乗り越えるために~ 「ラボ型開発」、「日本での社員雇用」、「現地開発子会社設立」について解説

企業のデータ活用に立ちはだかる「3つの壁」 ~どの壁で止まっているのか、自社のポジションを判定し、壁を乗り越えるためのワークショップ~

  • KSKサイド006

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter