AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

AWS IoT Greengrassとは

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

AWS IoT Greengrassとは

■概要

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

■基本説明

AWS IoT Greengrassを使用すると、多様なデバイスをクラウドおよび相互に接続するIoTソリューションを構築できる。AWSをエッジデバイスにシームレスに拡張することが可能で、エッジデバイスはクラウドを使用しながら、生成したデータに基づいてローカルでデータを処理できる。

AWS IoT Greengrassは「ARMアーキテクチャ」または「x86アーキテクチャ」に対応し、Linuxを実行しているデバイス上でAWS IoT Greengrass Coreをホスティングできる。AWS IoT Greengrass Core上では、「AWS Lambdaコード」「メッセージング」「データキャッシュ」「セキュリティ管理」をローカルで実行できる。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト情報

→AWS →AWS IoT Greengrass

料金情報

→AWS →AWS IoT Greengrass →AWS IoT Greengrass の料金

主な特徴

■エッジコンピューティング

AWS IoT Greengrassのデバイスは、デバイスが生成したデータに基づいてローカルで動作できるため、ローカルイベントに対してほぼリアルタイム対応できる。

AWS Lambda のローカルサポート

AWS IoT GreengrassではAWS Lambda関数をローカルで実行できるため、組み込みソフトウェア開発の複雑さを削減できる。

ローカルリソースアクセス機能により、AWS IoT Greengrass CoreデバイスにデプロイされたAWS Lambda関数を使用して「カメラ」「シリアルポート」「GPU」などのローカルデバイスリソースにアクセスできる。この仕組によりデバイスアプリケーションはローカルデータへのすばやいアクセスや処理を実行できる。

AWS IoT Greengrass ML推論

AWS IoT Greengrass ML推論は、AWS IoT Greengrassデバイスのローカル環境において、クラウド内で構築トレーニングされたモデルを使用した機械学習推論を実行できる機能を提供する。

逐一クラウドとの通信を行うことがないため「データ転送コスト削減」と「高速処理」が可能となる。

■オフライン動作

AWS IoT Greengrassでは、デバイスがクラウドと接続されていない状態でも、「AWS Lambda関数実行」「機械学習モデルに基づく予測の実行」「デバイスデータ同期維持」「他デバイスとのセキュア通信」などの処理を実行できる。

デバイスがクラウドに接続された時点で、デバイスデータはAWS IoT Coreと同期される。

■セキュア通信

AWS IoT Greengrass では、ローカル通信およびクラウド通信の両方でデバイスデータを認証(暗号化)するため、認証されていないデバイスやクラウドの間でデータが交換されることはない。

「AWS IoT Greengrass Core」「AWSクラウド」「他デバイス」の間で送信されるメッセージに「ハードウェアレベルで保護されたエンドツーエンド暗号化」を適用することもできる。

■プログラミングモデル

AWS IoT Greengrassでは、AWS Lambdaを使用したデバイスプログラミングが行える。

クラウド上で一般的なプログラミングモデルを使用してデバイス用ソフトウェアを開発し、デバイスに対してシームレスにデプロイできる。

 

参考元サイト

AWS IoT Greengrass最新TOPICS

【IoT】AWS×Canonical、スナップユニバーサルバイナリ形式版「AWS IoT Greengrass」を発表(2019年04月09日 10:23)

Amazon Web Services(AWS)は、Linuxディストリビューションを提供するCanonicalと共同で、さまざまなLinuxディストリビューションで実行できるスナップユニバーサルバイナリ形式版「AWS IoT Greengrass」を発表した。 「AWS IoT Greengrass」とは A...

AWS IoT Greengrass最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

Function-As-AServiceプラットフォーム、主要プロバイダ9社とその状況

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【20社限定】Boxと周辺システムとの連携、自動化による業務改革 ~API連携、RPA連携、社外との簡単なファイル共有~

NLG(自然言語生成)で分析データを自動「言語化」 ~データに触れるすべての人にインサイトを~

ウェビナー(Webセミナー)はリアルの劣化版なのか?/ウェビナー(Webセミナー)開催のポイント

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter