HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)は、Hewlett Packard Enterpriseが提供するIoTプラットフォーム。

HPE Universal IoT Platformとは

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)は、Hewlett Packard Enterpriseが提供するIoTプラットフォーム。

HPE Universal IoT Platformとは

■概要

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)は、Hewlett Packard Enterpriseが提供するIoTプラットフォーム。

■基本説明

HPE Universal IoT Platformは、「業界/業種/クライアント非依存性」「デバイス/ベンダー非依存性」「基盤ネットワーク抽象化」「拡張性」「モジュール化」「汎用性」などの特徴を備えたIoTプラットフォーム。

ユーザー企業はIoTソリューション全体の統合管理が可能となり、接続されたIoTデバイスから生成された大量のデータを活用する企業独自のアプリケーションを構築できる。

また、プラットフォームには操作性を高めるIoT属性が組み込まれているため、「インフラストラクチャコスト削減」「高い拡張性」を実現できる。

■ユースケース

コネクテッドカー

車両や各種インフラストラクチャから収集された情報を使用して、車両または他の道路利用者にリアルタイムのコンテキスト情報を提供することで、ドライビングエクスペリエンスを強化できる。

スマートメーター

住宅用の「電気」「ガス」「水道」「暖房」などのメーターをスマート化することで、「計測データ収集の効率化」が可能となる。

省電力ワイドエリアネットワーク

HPE Universal IoT Platformを使用して「異種IoTデバイス接続」「異種IoTアプリケーション接続」などの無線ネットワークを構築できる。

スマートシティ

HPE Universal IoT Platformの導入により、「都市効率化」「耐障害性強化」「住民満足度向上」「経済成長促進」「持続可能コミュニティ構築」などが可能になる。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト情報

→Hewlett Packard Enterprise →HPE Universal IoT Platform

導入事例

→Hewlett Packard Enterprise →HPE Universal IoT Platform →成功事例

主な特徴

■IoTスマートエコシステムを中立的にサポート

HPE Universal IoT Platformは、「デバイス管理機能」「サービス管理機能」「データ取得機能」などの各種機能を提供する。

このプラットフォームは、IoTスマートエコシステムに対する中立的なサポートを提供しているため、オンプレミスやクラウド環境に展開して、包括的なIoTアプリケーションモデルを構築できる。

■グローバルIoT運用

HPE Universal IoT Platformでは、「異種混在のIoTデバイス管理機能」を提供し、さまざまな国のM2Mデバイス上で各業界のアプリケーションを運用できる。

グローバルなアプリケーション運用が可能で、エンドユーザーごとにそれぞれのIoTユースケースを展開できる。

M2M国際標準「oneM2M」準拠

HPE Universal IoT Platformは、M2M国際標準「oneM2M」に準拠している。

「oneM2M」プロジェクトには、「標準化団体」「主要デバイスメーカー」「研究機関」など、220を超える団体が参加している。

■拡張性

HPE Universal IoT Platformは、「IoTゲートウェイ」「デバイス」「センサー」の同時管理をサポートし、ハードウェアに依存せずに、数百万台のデバイスを管理できる拡張性を備えている。

また、数十億件クラスのトランザクションに対応できる拡張性も備えており、極めて厳格に大規模グローバル環境で試行およびテストされている。

 

参考元サイト

HPE Universal IoT Platform最新TOPICS

最新情報はありません。

HPE Universal IoT Platform最新CLOSEUPコラム

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter