マーケティングとは「自社の商品(サービス)が良く売れる仕組みを作り出す活動」を意味する。マーケティング活動として「顧客理解」「商品開発」「販売促進戦略(広告宣伝)」「効果検証」までの一連のプロセスについて統合的に計画して管理実行を行う。

マーケティングとは

マーケティングとは「自社の商品(サービス)が良く売れる仕組みを作り出す活動」を意味する。マーケティング活動として「顧客理解」「商品開発」「販売促進戦略(広告宣伝)」「効果検証」までの一連のプロセスについて統合的に計画して管理実行を行う。

マーケティング概要

■マーケティングとは

マーケティングとは「自社の商品(サービス)が良く売れる仕組みを作り出す活動」を意味する。

■マーケティングの対象領域

マーケティングの対象領域は広く、顧客に商品を購入してもらうまでのすべての活動が含まれ、顧客のニーズに合った商品が最適な形で提供される市場を作り出すために実施される。

マーケティング活動として「顧客理解」「商品開発」「販売促進戦略(広告宣伝)」「効果検証」までの一連のプロセスについて統合的に計画して管理実行を行う。

■定義

日本での定義

日本マーケティング協会の1990年の定義によると、『マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である』としている。

→日本マーケティング協会 →日本マーケティング協会の概要

アメリカでの定義

アメリカマーケティング協会の2013年の定義によると、『マーケティングとは「顧客」「依頼人」「パートナー」「社会全体」にとって価値のあるオファリング(提供物)について「創造」「伝達」「提供」「交換」するための活動であり、一連の制度およびプロセスである』としている。

→American Marketing Association →Definitions of Marketing

フィリップ・コトラー氏の定義

「マーケティングの神様」と呼ばれるほどのマーケティングに関する世界的な権威であるフィリップ・コトラー(Philip Kotler)氏は、マーケティングについて『ターゲット市場を選び出し、優れた顧客価値をつくり出し、分配し、コミュニケーションをすることによって、顧客を獲得し、維持し、増やすための技術と知識である』と定義している。

ピーター・ドラッカー氏の定義

企業の存在意義やマネジメントに関する世界的な権威であるピーター・ドラッカー(Peter Drucker)氏は、マーケティングについて『マーケティングの理想は、単純な販売活動を不要にすることである』と述べている。

■同意語

「マーケティング」というワードは広い意味を包含しているため、「リサーチ」「広告宣伝」「データ分析」など、さまざまな言葉で言い換えられる。

マーケティングの種類

マーケティングは大まかに以下の4つに分類できる。

■①顧客理解

マーケティングにおいて、商品を選択し購入する顧客を理解することが大前提となる。

「顧客は何を求めているのか?」「どのような商品を開発すべきなのか?」「顧客はなぜ自社商品を購入したのか(購入しないのか)?」などについて分析し「どのようにすれば自社商品を購入する顧客を増やせるのか?」について、顧客目線からマーケティング仮説を構築していく必要がある。

■②商品開発

顧客理解の結果から得られた「顧客ニーズ」や「今後の商品トレンド予測」などをベースとして、魅力的な商品(製品やサービス)を開発する。

競合商品を考慮して、コストや販売価格などの調整も行う。

■③プロモーション(広告宣伝)

商品開発後は、顧客に知ってもらうために「プロモーション(広告宣伝)」を実施する。

以前であれば、「テレビや新聞などのマスメディアを利用したプロモーションの効果が高い」とされてきた。

しかし今日では、顧客の価値観やニーズが大きく多様化しているため、特定のターゲットに対して効果的にアプローチを実施できるインターネットを利用したデジタルプロモーションが必要不可欠になってきている。

■④効果検証

サイクルの区切りとして、「実施したプロモーションが実際に売上に結びついていたのか?」についての検証を実施する。

「マーケティングコスト」「得られた売上」「認知度向上」「見込み客獲得」などの指標を用いて費用対効果を把握する。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

マーケティング最新TOPICS

【講演資料を公開】5/18「ビッグデータ活用事例 (顧客離反防止、日次原価計算、融資先審査/リスク管理など)」(2017年06月19日 11:38)

2017年05月18日(木)15:00~17:15 ハロー貸会議室新宿D室 にて「ビッグデータ活用事例 (顧客離反防止、日次原価計算、融資先審査/リスク管理など)」と題したセミナーを開催しました。 当セミナーには、全70名のお申込があり、皆さまの "ビッグデータ活用"への関心の高さが伺えました。また、当日は、メモを執る姿も多く見受けられ、熱心な方々のご来場が多く、お陰さまで大盛況となりました。あ...

  • KSKサイド007
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter