オープンソースデータ分析ソフト「RapidMiner」とは~簡単・手軽に分析できるRapidMinerの特徴 | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

オープンソースデータ分析ソフト「RapidMiner」とは~簡単・手軽に分析できるRapidMinerの特徴

オープンソースのデータ分析ソフト「RapidMiner」をフル活用する方法を連載!ソフトの特徴や分析チュートリアルを紹介します。

[2016年07月22日 ]
株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠

 前回は、データ分析ソフト市場の最近の動向、世界的にオープンソースのデータ分析ソフトが活用される傾向にあること、その中でも「RapidMiner」の人気が高く、高い評価を獲得していることを紹介しました。
 今回から、RapidMinerの特徴についてお伝えしていきます。

 RapidMinerは米国RapidMiner社が開発しているデータ分析ソフトです(※1)。日本では、弊社KSKアナリティクスがパートナー企業となっています(※2)。

 RapidMinerには4種類の製品シリーズがあります。
・RapidMiner Studio
・RapidMiner Server
・RapidMiner Radoop
・RapidMiner Cloud
 今回はRapidMiner Stuidioに焦点をあて、機能と特徴を紹介します。

 RapidMiner Studioはデータ統合機能、加工・整形(ETL)機能、分析(機械学習)機能、レポーティング機能を備えた統合型プラットフォームです。1台のマシン(Windows/Mac/Linux)にインストールすれば、すぐにこれらの豊富な機能を使うことができます。
 各機能は「オペレータ」と呼ばれる箱で表現されており、オペレータをマウスのドラッグ&ドロップで移動させ、分析に必要な処理を組み立て実行します。

 例えば、機械の稼働ログ(センサデータ)を使って故障予測を行いたい場合、どのような処理を行えばよいのでしょうか?

※1行が1台の機械の稼働状態(正常or故障)を示し、その時のセンサの値も計測したデータ

次のページへ続く

【次ページ】簡単操作で予測分析できる!(1)

著者プロフィール

株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠(あだち はるか)

 大手電機メーカーでエンジニア、事業会社でデータ分析者を経てKSKアナリティクスへ入社。機械学習・ディープラーニングを用いたレコメンデーション、異常検知を得意とする。また、分析セミナー講師や技術雑誌への記事執筆も行う。

最新TOPICS

【IoTで空港を快適に】スイスのジュネーブ空港「乗客が行列に並ぶ時間を半減」「業績を前年度の5倍以上にアップ」に成功---BluetoothとWi-Fiセンサーを活用(2016年06月21日 10:03)

スイス国内で2番目に利用者数の多いジュネーブ空港は、 「乗客が行列に並ぶ時間を半減」「業績を前年度の5倍以上にアップ」に成功している。 【改善方法】 ・施設内でBluetoothとWi-Fiセンサーを活用 ・乗客のリアルタイム計測/高度データ分析 ・空港スタッフ数の最適化 ・セキュリティチェックの可視化 ・Wi-Fiセンサーは空港内各所に設置  →行列に並んでいる人数/待ち時間...

最新CLOSEUPコラム

関連タグ

関連記事

  • KSKサイド006

facebook

twitter