データ間の相関関係を発見する場合に用いられる、データマイニングの手法のひとつ。

アソシエーション分析とは

データ間の相関関係を発見する場合に用いられる、データマイニングの手法のひとつ。

アソシエーション分析(Association Analytics)」は、蓄積された顧客毎の取引データを分析し、併売の関係性が強い事象の組合せやその割合、統計的に見て強い関係を持つ事象間の関係(ルール)を抽出するデータマイニング手法。「商品 A を購入した人は、商品 B も購入する確率が高い」という法則性(アソシエーションルール)を発掘することができる。「アソシエーション分析」は、別名「マーケットバスケット分析」とも呼ばれる。

アソシエーション分析」は小売店におけるPOS データを利用した分析として、同時に購入されている確率が高い商品を明らかにした上で、店舗別のレイアウト設計、棚割りや商品配置の最適化、顧客別のクロスセル、アップセルや価格最適化に活用するケースが多い。

アソシエーション分析」の活用例としては、スーパーマーケットなどの小売店舗におけるPOSレジで支払いと同時に次回利用可能な動的なクーポンが発行されるといった販売促進に活用されている。

アソシエーション分析最新TOPICS

オープンソースデータ分析ソフト「RapidMiner」とは~簡単・手軽に分析できるRapidMinerの特徴(2016年07月22日 10:00)

オープンソースのデータ分析ソフト「RapidMiner」をフル活用する方法を連載!ソフトの特徴や分析チュートリアルを紹介します。

アソシエーション分析最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

導入事例から学ぶ 失敗しないIT資産管理とは?〜グループ・多拠点企業の効率的なIT資産管理、他〜

リード獲得チャネルの特性と、単価の比較(IT企業&製造業向け)

製造・物流業DX「はじめの一歩」としてAI-OCRは適切か?〜企業ブランディング、従業員満足度に繋げるDXの考え方とは〜

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter