コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末を搭載し、車両状態や周囲道路状況などのさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積/分析することで、新たな価値を生み出す自動車」を意味する。次世代の車として人を目的地へ運ぶ以上の価値を提供することが期待されている。

コネクテッドカーとは

コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末を搭載し、車両状態や周囲道路状況などのさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積/分析することで、新たな価値を生み出す自動車」を意味する。次世代の車として人を目的地へ運ぶ以上の価値を提供することが期待されている。

概要

コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末を搭載し、車両状態や周囲道路状況などのさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積/分析することで、新たな価値を生み出す自動車」を意味する。

基本説明

コネクテッドカーは「インターネットに接続する自動車」であり、「緊急通報システム」「盗難時位置追跡システム」「テレマティクス保険」などを利用できる次世代の車として、人を目的地へ運ぶ以上の価値を提供することが期待されている。

注目が高まる背景

自動車には、すでに「カーナビ」「ETC車載器」などの通信機器が搭載されているが、コネクテッドカー実現への注目が高まっている背景として次のような要因がある。

■無線通信の高速/大容量化

無線通信が高速化かつ大容量化されたことにより、リアルタイムで大容量データを送受信可能となった。

■車載情報通信端末の高度化

スマートフォンなどのデバイスの普及により、「車載情報通信端末の低コスト化」「アプリケーションの機能強化」が促進されている。

■クラウド/ビッグデータ技術の発展

クラウドコンピューティングの普及により、大容量データに対して迅速に生成/流通/蓄積/分析/活用できる環境が整い、ビッグデータ流通が大幅に増加してきている。

コネクテッドカー最新TOPICS

【ConnectedCar】Consumer Watchdog、すべてのコネクテッドカーに「キルスイッチ」設置を提案---米国上院議員も同調(2019年08月27日 09:31)

Consumer Watchdogレポートは、すべてのコネクテッドカーに必須の「キルスイッチ」を設置することを提案している。 Consumer Watchdogレポート ロサンゼルスに本拠を置く「Consumer Watchdog」は、コネクテッドカーのフリート規模ハッキングの危険性が増大しているという研究警告...

コネクテッドカー最新CLOSEUPコラム

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter