CLOSE UP コラム | 2020年のデータ・BI領域の10のトレンドを解説(資料)

2020年のデータ・BI領域の10のトレンドを解説(資料)

記事

2020年02月10日

世界の分断

これだけインターネットが普及した現在、世界はより分断化が進み、サイロ化しています。

その影響は、昨今の世界政治や選挙、貿易戦争などから感じ取ることができます。 また、インターネットが並列で統合されていない部品に分断されてしまうことを危惧する声は少なくありません(いわゆる「スプリンターネット」の問題 )。 米国の CLOUD 法や GDPR のように、一部の国や地域で独自に法令やプライバシー保護のための規制を設けている一方、規制が全くない地域もあります。

分断化された世界をチャンスに変える方法

分断化された世界をチャンスに変えることはできます。 メタデータによってデータと分析のサプライチェーンを繋ぎ、データの統合とアナリティクスによりデータモザイクを構築するのです。 この方法は、ビジネスモデルとデータのどちらにも有効です。 これは、数年前に考案された概念ですが、今後2020年のトレンドの中で、大変重要な考え方です。

2020年のトレンド

データの統合とアナリティクスは、データ主導型企業が各所に分散したデータを活用するために極めて重要です。ここでは、2020年に「データモザイクを構築する」ために役立つ 10 のトレンドを紹介します

1.リアルタイム対応の企業への転換は必須
2.単なるデータ、ビッグデータの次はワイドデータ
3.グラフ分析と連想技術はSQLを超える
4.新たなアジャイル手法 :DataOps(データオプス)とセルフサービスの融合
5.アクティブメタデータカタログは結合組織へ
6.サービスとしてのデータリテラシーの台頭
7.多面的な双方向性は検索を超える
8.倫理的かつ責任あるコンピューティングが不可欠
9.データのための「Shazam」の可能性
10.独立対スタック:続編

本資料は、以下からダウンロード可能です。

2020年のデータ・BI領域の10のトレンドを解説(資料)


著者プロフィール

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)

  • IoT

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)は、Google Cloud PlatformのIoTフルマネージドサービス。端末管理機能とデータ取り込み機能を中心とした統合管理機能を提供する。

ロボット(Robot)

ロボット(Robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置もしくは機械のことで、人間をはじめとする動物の動きを基本に動作する。「産業用ロボット」「サービスロボット」「アミューズメントロボット」「コンピュータプログラム」などに大別される。

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)

  • IoT

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)は、Azureが提供するフルマネージドIoT SaaSソリューション。

機械学習(Machine Learning)

「機械学習(Machine Learning)」とは、人間が学習する基本的な仕組みをコンピュータで再現し実現する技術の総称を指す。機械学習では、学習ベースとなる大量のサンプルデータを入力値として用いて、繰り返し解析を行うことで、データから有用な「規則」「ルール」「知識表現」「判断基準」などを抽出し機械学習モデルを構築していく。

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)

  • AI

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)は、機械学習の専門知識がなくても、最小限の労力で、高品質のカスタム機械学習モデルをトレーニングできるサービス。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

データサイエンス専門集団が実践する医療ビッグデータ活用支援 〜 医療ビッグデータ、活用できていますか!? 〜

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

  • 書籍

facebook

twitter