CLOSE UP コラム | 2020年のデータ・BI領域の10のトレンドを解説(資料)

2020年のデータ・BI領域の10のトレンドを解説(資料)

記事

2020年02月10日

世界の分断

これだけインターネットが普及した現在、世界はより分断化が進み、サイロ化しています。

その影響は、昨今の世界政治や選挙、貿易戦争などから感じ取ることができます。 また、インターネットが並列で統合されていない部品に分断されてしまうことを危惧する声は少なくありません(いわゆる「スプリンターネット」の問題 )。 米国の CLOUD 法や GDPR のように、一部の国や地域で独自に法令やプライバシー保護のための規制を設けている一方、規制が全くない地域もあります。

分断化された世界をチャンスに変える方法

分断化された世界をチャンスに変えることはできます。 メタデータによってデータと分析のサプライチェーンを繋ぎ、データの統合とアナリティクスによりデータモザイクを構築するのです。 この方法は、ビジネスモデルとデータのどちらにも有効です。 これは、数年前に考案された概念ですが、今後2020年のトレンドの中で、大変重要な考え方です。

2020年のトレンド

データの統合とアナリティクスは、データ主導型企業が各所に分散したデータを活用するために極めて重要です。ここでは、2020年に「データモザイクを構築する」ために役立つ 10 のトレンドを紹介します

1.リアルタイム対応の企業への転換は必須
2.単なるデータ、ビッグデータの次はワイドデータ
3.グラフ分析と連想技術はSQLを超える
4.新たなアジャイル手法 :DataOps(データオプス)とセルフサービスの融合
5.アクティブメタデータカタログは結合組織へ
6.サービスとしてのデータリテラシーの台頭
7.多面的な双方向性は検索を超える
8.倫理的かつ責任あるコンピューティングが不可欠
9.データのための「Shazam」の可能性
10.独立対スタック:続編

本資料は、以下からダウンロード可能です。

2020年のデータ・BI領域の10のトレンドを解説(資料)


著者プロフィール

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

AWS IoT Core(AWS IoTコア)

  • IoT

AWS IoT Coreは、AWSが提供するマネージド型IoTクラウドサービス。

RapidMiner(ラピッドマイナー)

  • BA

RapidMiner(ラピッドマイナー)とは、「データマイニング」「機械学習」「予測分析」などを行える統合的データ分析プラットフォームであり、使いやすいGUIでデータ分析を行える点を特徴としている。

goo AI xDesign(グー・エーアイ・クロスデザイン)

  • AI

「goo AI xDesign」は、NTTレゾナントが提供するチャットボットAIサービスセミオーダーソリューション。

ビッグデータ(Big Data)

「ビッグデータ(Big Data)」とは、一般的なソフトウェアの能力を超えたサイズのデータ集合であり、従来のデータベース管理システムでは「記録」「保管」「管理」「解析」などの処理が難しいほどの巨大で複雑なデータ群。「インターネット普及」「コンピュータの処理速度」「クラウド技術向上」などに伴い、日々大量に生成され溢れている大容量デジタルデータを指す。

Karakuri(カラクリ)

  • AI

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

バックナンバー

関連記事

セミナー講演資料公開中

企業が「デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む」とは、具体的にはどういうことなのか?

企業のデータ活用に立ちはだかる「3つの壁」 ~どの壁で止まっているのか、自社のポジションを判定し、壁を乗り越えるためのワークショップ~

Webセミナー/企業におけるデータ活用の現状と課題とは何か?

  • KSKサイド007

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter