CLOSE UP コラム | 【BigData】JR東日本、線路設備モニタリング装置を本格導入---ビッグデータ分析により線路保守作業を効率化

【BigData】JR東日本、線路設備モニタリング装置を本格導入---ビッグデータ分析により線路保守作業を効率化

CLOSE UP 事例

2018年07月06日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

JR東日本は、線路の状態を遠隔監視できる線路設備モニタリング装置を本格導入すると発表した。

線路設備モニタリング装置

線路設備モニタリング装置とは、「軌道変位モニタリング装置」と「軌道材料モニタリング装置」で構成され、営業列車の床下に搭載され、測定したデータは無線によって保線技術センターに伝送される。

「軌道変位モニタリング装置」は、レールにレーザーを照射して線路のゆがみを測定する。

「軌道材料モニタリング装置」は、「プロファイルカメラ(距離測定)」と「ラインセンサーカメラ(濃淡判別)」で、レールと枕木を固定するレール締結装置の状態や、レールとレールをつなぐ継目板ボルトの状態などを撮影する。

ビッグデータ分析による作業効率化

同社では、本装置の導入により、ビッグデータ分析に基づいて状態を把握して最適な時期に補修を行う「CMB型メンテナンス手法」の導入を図る。

これにより、多いところでは毎週行っていた徒歩による線路点検作業を効率化でき、「社員の安全性向上」と「線路点検の品質向上」も期待できる。

導入予定

軌道変位モニタリング装置は39台、軌道材料モニタリング装置は36台導入し、2020年度末までに50線区に導入する予定。

以上、下記URLからの要約
https://news.mynavi.jp/article/20180704-659043/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)

「BI(Business Intelligence)」とは、経営戦略などのビジネス上の意思決定をサポートするために、企業内に分散蓄積されている多様なデータを収集し、統合的に分析し活用するための手法。意思決定支援システム「DSS(Decision Support System)」の1つに該当するものとされている。

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)

  • AI

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)は、すべての機能を単一の統合インメモリ環境で活用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツール。

LoRA(ローラ)

  • 用語集

LPWAの規格の一種。LoRAという規格名は、「長距離」を意味する「Long Range」に由来し、少ない出力で最大8km程度という長い距離での通信を実現する。

IoT(Internet of Things)

IoT(Internet of Things)とは、従来インターネットに接続されていなかったさまざまなモノ(センサーデバイス、デジタルデバイス、工業機械、駆動装置、建物、車など)が、ネットワークを通じてサーバやクラウドサービスに接続されることで、相互情報交換や遠隔制御できる仕組みを指す。

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)

  • IoT

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)は、Hewlett Packard Enterpriseが提供するIoTプラットフォーム。

バックナンバー

関連記事

セミナー講演資料公開中

NLG(自然言語生成)で分析データを自動「言語化」 ~データに触れるすべての人にインサイトを~

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

DX時代のデータ活用とは? DataOpsを知り、メタデータ管理をはじめよう!

  • 書籍

facebook

twitter