CLOSE UP コラム | KDDI×トヨタ、防災分野で協業---IoT/ビッグデータを活用、2019年の商用化を目指す

KDDI×トヨタ、防災分野で協業---IoT/ビッグデータを活用、2019年の商用化を目指す

CLOSE UP 事例

2018年05月02日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

KDDI、トヨタ自動車、応用地質(地質調査会社)は、4月24日、IoTとビッグデータ分析を活用して防災の分野で協業すると発表した。

施策の目的

自然災害が多発する一方で、インフラが老朽化している状態にもかかわらず、国/自治体では災害担当者や災害対策予算の減少が続いている。

今回の施策は、テクノロジーを活用してこうした課題を解決する狙いがある。

システム概要

同システムは次のようなさまざまなデータを分析して災害対策に生かす仕組み。
①KDDI:性年代別の移動データ---スマートフォンユーザーから取得
②トヨタ:プローブデータ(位置情報/加速度など)---コネクテッドカーから取得
③応用地質:モニタリングデータ---各種センサーから取得
④公的データ---気象情報 など

KDDIが開発した「人口動態分析/予測技術」も取り入れ、分析精度を高めるとしている。

システム用途

次のような用途が想定されている。
・災害の予兆発見
・災害時の安全確認
・インフラ監視体制の強化
・通行規制/避難勧告の判断材料
・イベント時の動線確保 など

今後の展開

今後は各社の技術を組み合わせた「国・自治体向け災害対策情報支援システム」の共同開発を進め、2018年中に実証実験を行い、2019年の商用化を目指すとしている。

以上、下記URLからの要約
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1804/24/news117.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)

  • IoT

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)は、Google Cloud PlatformのIoTフルマネージドサービス。端末管理機能とデータ取り込み機能を中心とした統合管理機能を提供する。

機械学習(Machine Learning)

「機械学習(Machine Learning)」とは、人間が学習する基本的な仕組みをコンピュータで再現し実現する技術の総称を指す。機械学習では、学習ベースとなる大量のサンプルデータを入力値として用いて、繰り返し解析を行うことで、データから有用な「規則」「ルール」「知識表現」「判断基準」などを抽出し機械学習モデルを構築していく。

AITalk声の職人クラウド版()

  • AI

AITalk声の職人クラウド版は音声合成クラウドサービス。Webブラウザ上でテキストを入力するだけで誰でも簡単に音声ファイルを作成できる。

Tableau(タブロー)

  • BI

Tableau(タブロー)とは、使い勝手に優れたセルフBI型ビジュアル分析ツール。

LoRA(ローラ)

  • 用語集

LPWAの規格の一種。LoRAという規格名は、「長距離」を意味する「Long Range」に由来し、少ない出力で最大8km程度という長い距離での通信を実現する。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

契約書、約款、規定等のWord文書の新旧対照表を簡単に作成する~提出、配布用の新旧対照表の作成だけでなく、契約書や社内規定の差分を簡単に抽出~

  • 書籍

facebook

twitter