CLOSE UP コラム | 日本マイクロソフト、2018年度経営方針記者会見---「2018年度の予算配分は、人ではなく、AIに決めさせた」

日本マイクロソフト、2018年度経営方針記者会見---「2018年度の予算配分は、人ではなく、AIに決めさせた」

CLOSE UP 事例

2017年08月03日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

8月1日、日本マイクロソフトは、2018年度経営方針記者会見を行った。同社代表取締役社長の平野拓也氏は、「みんなのAI」をテーマとして、社内外でAI活用を促進していく考えを明らかにした。

AI関連事業

日本マイクロソフトは、さまざまなAI関連事業を進めており、AI要素技術は実際のビジネスとして実を結びつつある。

・トヨタとの協業---「Connected Car」分野
・Preferred Networksとの協業---深層学習分野
・ローソンとの協業---AIキャラクター「りんな」技術 など

AIに対する関心は今後も高まると予想される中、AIについて、「社外への提案/販売だけではなく、社内でも積極的に活用する」としている。

事業予測では「AI」が「人間」に勝利→予算配分はAIに従う

2017年度に行なわれた同社の事業予測において、「人間」と「AI」のそれぞれに予測させたところ、1対3の結果でAIが勝利した。

これを受けて、2018年度の予算配分はAIの決定に従って行なわれた。

クラウドのインテリジェント化だけでは不十分

「エッジ」と呼ばれる端末側もインテリジェント化していく必要がある。さらに、分散協調型コンピューティングも活用し、管理手法も変えていく必要性について語った。

以上、下記URLからの要約
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1073594.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

OPTiM AI Store(オプティムエーアイストア)

  • AI

OPTiM AI Storeは、オプティムが提供する小売店舗省人化AIサービス。

スマートファクトリー(Smart Factory)

  • 用語集

スマートファクトリー(Smart Factory)とは、「工場全体の効率的な稼働を実現することで最大の利益を生み出す環境を整えた工場」を意味する。

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)

  • AI

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)は、人工知能を活用した次世代型のセキュリティソリューション。実行前マルウェア判定など高度な機能を備えている。

Karakuri(カラクリ)

  • AI

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)

  • AI

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

バックナンバー

関連記事

  • 勉強会

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter