CLOSE UP コラム | 株式会社オプティム、「スマート農業アライアンス」を設立---第一期参画募集を開始、「楽しく、かっこよく、稼げる農業」の実現へ、大豆と米は全量買取

株式会社オプティム、「スマート農業アライアンス」を設立---第一期参画募集を開始、「楽しく、かっこよく、稼げる農業」の実現へ、大豆と米は全量買取

CLOSE UP 事例

2018年01月04日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

株式会社オプティムは、「スマート農業アライアンス」の設立を発表し、第一期参画募集を開始した。

「スマート農業アライアンス」とは

AI/IoT/ビッグデータを活用し、「楽しく、かっこよく、稼げる農業」を実現するスマート農業を推進する未来志向の取り組み。

スマート農業を共に実現する未来志向の方々であれば、農業生産者だけではなく、企業/金融機関/自治体/大学なども参画できる。

アライアンスの中で複数のプロジェクトを実施していく。

スマートアグリフードプロジェクト

ドローン/AI/IoTを利用して「減農薬」を達成し、高付加価値がついた農作物の生産/流通/販売を行うプロジェクト。

ピンポイント農薬散布テクノロジーを含む「OPTiM スマート農業ソリューション」が無償提供される。

また、その中でも「大豆」と「米」については、「OPTiM スマート農業ソリューション」を通じて生産された作物すべてについて、オプティムが買い取りを行う。

スマートデバイスプロジェクト

スマート農業を実現するキーとなるスマートデバイス(スマートフォン/タブレット/スマートグラス/ドローン/フィールドセンサー/IoT農機具など)を活用し、「生産者の農作業の負担軽減」や「技術伝承問題の解決」を行うプロジェクト。

さまざまなメーカーのデバイスを、オプティムの「OPTiM スマート農業ソリューション」と融合させ、生産者に必要となるサービスを作り出す。

以上、下記URLからの要約
https://www.atpress.ne.jp/news/146654


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)

  • AI

「CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)」は対話型自動応答AIサービスで、主にチャットボットとしてエンドユーザーからの問い合わせに対応する機能を提供する。

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)

  • IoT

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)は、Hewlett Packard Enterpriseが提供するIoTプラットフォーム。

IoT(Internet of Things)

IoT(Internet of Things)とは、従来インターネットに接続されていなかったさまざまなモノ(センサーデバイス、デジタルデバイス、工業機械、駆動装置、建物、車など)が、ネットワークを通じてサーバやクラウドサービスに接続されることで、相互情報交換や遠隔制御できる仕組みを指す。

NB-IoT(Narrow Band-IoT)

  • 用語集

LPWA性能を持ったLTEの規格。IoTで使うことを前提に、既存のLTEを拡張し、LTEより簡単に低速と低電力化を実現する。

自動運転車(Autonomous Car)

  • 用語集

自動運転車は、電子制御と自動運転装置を使用して、人間の手を介さずに出発地から目的地まで走行できる機能を有する。車両に搭載されたレーダー/カメラなどのセンサー類と、GPS(全地球測位システム)などを利用して、周囲の状況を把握して車両の走行制御を行う。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

新型コロナウイルス感染症渦の顧客エンゲージメント構築における戦略

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

帳票の課題と今 ~BIと帳票/クラウド時代の帳票/帳票ソフトの選択~

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

Webセミナー/企業のデータ活用に立ちはだかる「3つの壁」 ~どの壁で止まっているのか、自社のポジションを判定し、壁を乗り越えるためのワークショップ~

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter