CLOSE UP コラム | 人工知能プログラミングのためのライブラリ「TensorFlow」、「Cafee」、「Chainer」の紹介。

人工知能プログラミングのためのライブラリ「TensorFlow」、「Cafee」、「Chainer」の紹介。

CLOSE UP 事例

2016年09月15日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

ディープラーニングを含めた人工知能の活用が、急速に広がっている。画像を認識して文章化するアルゴリズム、各種数値計算、翻訳を含めた自然言語処理など、次々と新しい分野への開拓が進んでいるのだ。

今回は、人工知能プログラミングを牽引するライブラリ「TensorFlow」、「Caffe」、「Chainer」を紹介する。

柔軟性とスケーラビリティに優れた人工知能プログラミング・ライブラリ、TensorFlow。

TensorFlow(テンソルフロー)は、C++で実装され、Pythonのインターフェースが用意された人工知能プログラミングのためのライブラリである。「Tensor(テンソル)」とは線形の量を表す概念であり、TensorFlowは多次元データ構造を流れるように処理する。

もともとGoogleの機械学習/ディープラーニング/多層ニューラルネットワークのために開発されたライブラリで、複雑なネットワークを分かりやすく記述することを可能にしている。2011年、Googleが開発したディープラーニング基盤「DistBelief」が抱えていた課題を解決し、汎用性と性能を高めて開発されたのが「TensorFlow」である。「TensorFlow」の性能は、「DistBelief」の2倍と言われている。

TensorFlowの特長としては、「データフローグラフによる柔軟性」、「ローレベルオペレータも手書きできる汎用性」があるとともに、「高いパフォーマンス」、「スケーラビリティ」など研究レベルから実プロダクトまで扱える効率性がある。

したがってその応用分野も機械学習だけにはとどまらず、広い領域での活用が期待されている。

画像解析分野で注目されている人工知能プログラミング・ライブラリ、Caffe

人工知能プログラミングのなかでも、画像解析分野で注目されているフレームワークが、「Caffe(カフェ)」である。

画像解析には、物体認識という処理が求められる。「Caffe」は、この物体認識に必要な技術CNN(Convolutional Neural Net)を得意とする、C++で実装された、ディープラーニング用フレームワークである。

Caffeの特長としては「高速で動作」し、「GPUに対応」し、「Python/MATLABで利用するインターフェース」があり、「読みやすく改変しやすい実装」といった点が挙げられる。

また、人工知能プログラミング・ライブラリのなかでも特にコミュニティが活発であり、これまですでに1,000人以上の開発者がフォークしている。

"Define-by-Run"の枠組みがある人工知能プログラミング・ライブラリ、Chainer。

「Chainer」は、ニューラルネットワークを誤差伝播で学習する人工知能プログラミングのための直感的なライブラリである。

ニューラルネットのフレームワークであるChainerは、誤差逆伝播の計算を自動で行うのが特長だ。

人工知能プログラミングでは計算グラフの作り方がひとつのポイントとなるが、Chainerでは"Define-by-Run"の枠組みに適応している。

Cafeeなどの枠組みである"define-and-run"が計算グラフを構築し、そのグラフにデータを流すという2ステップから成り立っているのに対して、"Define-by-Run"を採用しているChainerは、通常の行列演算をする感覚で順伝播処理を行うと、逆伝播の計算グラフが構築されるという仕組みをもつ。

この仕組みによって、特殊なノードは不要で、グラフがデータごとに異なっていても問題はなくなる。つまり、構築と評価が同時になされるため、データを見ながら、違う処理をすることが可能となるのだ。

Chainerは、自然言語処理など、対象のデータの構造を生かしたネットワークを作る場合に応用できる。
http://d.hatena.ne.jp/shu223/20160105/1451952796
http://nonbiri-tereka.hatenablog.com/entry/2015/06/14/225706
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1511/09/news008.html
http://www.ossnews.jp/oss_info/TensorFlow


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【講演資料公開】5/20 SIer/SaaS新規事業責任者向け、マーケティング&セールスの基礎理解 ~リード獲得から契約までに必要なアクションの可視化と有効な施策について(2021年06月19日 09:15)

2021年5月20日「SIer/SaaS新規事業責任者向け、マーケティング&セールスの基礎理解 ~リード獲得から契約までに必要なアクションの可視化と有効な施策について」と題したセミナーを開催しました。 本セミナーでは、新規事業の責任者向けに、カスタマージャニーに沿ってマーケティングと営業活動を分化・専門化し、役割ごとの責任を果たすことで成果の最大化を狙う仕組みについて解説しました。資料を公開...

関連タグ

因子分析(Factor Analysis)

  • 用語集

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

決定木分析()

  • 用語集

樹木状のモデルを使って要因を分析しその分析結果から境界線を探して予測を行う、データマイニングの手法のひとつ。

R(アール)

  • 用語集

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

ETL(イーティーエル)

  • 用語集

ETLとは「Extract」「Transform」「Load」の略で、さまざまな場所(販売管理システム/顧客管理システムなど)に別々に存在している雑種多様なデータを抽出し、利用しやすいようにデータを再編集した後に、データウェアハウス(DWH)のような情報倉庫に出力する処理を指す。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【サービス提供事業者向け】機能性AI-OCR技術で非定型でも手書でも高精度でデータ化する

AWSコスト最適化ポイント ~利用状況の把握、最適構成の検討、新サービスの導入効果検証など~

ネット検索だけでは解決しない「DevOps」への疑問、結局どうすれば導入できる?~事例から学ぶ、迅速なDevOps導入方法を解説~

  • 書籍

facebook

twitter