CLOSE UP コラム | 書店店頭用デジタルサイネージ型システム「AI書店員」---顔認識AIによるリアルタイム映像解析、性別/年代/表情などを推定しオススメ書籍を紹介

書店店頭用デジタルサイネージ型システム「AI書店員」---顔認識AIによるリアルタイム映像解析、性別/年代/表情などを推定しオススメ書籍を紹介

CLOSE UP 事例

2017年11月09日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

sMedioは、トーハンと共同で、書店店頭用デジタルサイネージ型システム「AI書店員」を開発した。11月6日より、ブックファースト新宿店において実証実験サービスをスタートした。

「AI書店員」とは

「AI書店員」のシステムは、店舗用デジタルサイネージシステムに、顔認識AIソフトウェアを搭載したもの。

デジタルサイネージの画面を見ている人物の顔の映像から、性別/年代/表情などを推定し、表示内容を変更できる。

顔認識AIによるリアルタイムの映像解析が行われ、個人の特定や映像の録画(保存)はしないようにプライバシーに配慮されている。

体験型ショッピングを実現

「AI書店員」では、顔認識AIの検出対象者を1名に限定している。

デジタルサイネージ表示を対話型の内容とすることで、それぞれの対象者に最適な「お勧めの作品」を表示できる。

この機能により、リアル店舗ならではの、ゲーム感覚で楽しめる体験型ショッピングを実現する。

アガサ・クリスティー作品フェアと連動

今回のプロモーションは、アガサ・クリスティー作品フェアと連動して実施している。数十点のアガサ・クリスティー作品から、対象者にお勧めのタイトルを選定する。

以上、下記URLからの要約
https://markezine.jp/article/detail/27412


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

LPWA(Low Power、Wide Area)

  • 用語集

「LPWA」とは、「Low Power=省電力」+「Wide Area=広域エリア」を意味しており、少ない消費電力で、km単位の距離で広範囲に通信できる無線通信技術の総称である。

ビッグデータ(Big Data)

「ビッグデータ(Big Data)」とは、一般的なソフトウェアの能力を超えたサイズのデータ集合であり、従来のデータベース管理システムでは「記録」「保管」「管理」「解析」などの処理が難しいほどの巨大で複雑なデータ群。「インターネット普及」「コンピュータの処理速度」「クラウド技術向上」などに伴い、日々大量に生成され溢れている大容量デジタルデータを指す。

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

データインテグレーション(Data Integration)

  • 用語集

「データインテグレーション」とは「データ統合」を意味し、「さまざまなデータソースからデータを統合して、意思決定に必要となる情報を得るためのシステムプロセスとビジネスプロセスの組み合わせ」を意味する。

LoRA(ローラ)

  • 用語集

LPWAの規格の一種。LoRAという規格名は、「長距離」を意味する「Long Range」に由来し、少ない出力で最大8km程度という長い距離での通信を実現する。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

中小企業でも簡単に、ランサムウェア・BCP対策を行う方法 ~様々な目的のデータ保護を、SaaS型バックアップサービスで簡単に~

クラウドDWH(データウェアハウス)、本当に内製化できるのか? クラウドデータウェアハウスで"データの民主化"を実現する方法【IT講談】

ビッグデータ処理のデータベースとして MySQL HeatWave が最適な理由 〜AWS Aurora/Redshift、GCP BigQuery との性能&コスト比較〜

  • 書籍

facebook

twitter