CLOSE UP コラム | 人工知能やロボットが学べる大学、学部

人工知能やロボットが学べる大学、学部

CLOSE UP 事例

2016年05月23日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

人工知能やロボットが学問として確立されたのは1950年代と言われているが、テクノロジーの目覚ましい進化に比して教育機関はいまだ発展途上である。国内で人工知能やロボットについて学べる教育機関は限られており、専門的に学ぶことができる大学の工学部はいまだ全国で50校あまりというのが現状だ。

学問としての人工知能やロボットの概要と、実際に人工知能やロボットが学べる大学、学部を紹介する。

機械工学

機械工学の研究領域は、ものづくりの現場で働く自動生産設備ロボット(産業用ロボット)や人型ロボット(ヒューマノイド型ロボット)の開発、そして情報工学のソフトウエアとの共通領域である知能機械(人間のような知能をもつ機械)研究まで多岐にわたる。

近年の機械工学では生物の動きをモデルにした機械を開発しようという動きや、人間の血管のなかで動くような小さな機械の開発(ナノテクノロジー)などが注目を集めている。

機械工学とは、我々の生活を便利にする機械について学ぶことから、これからの産業社会の発展を支える学問とも言える。

情報工学

情報工学の研究領域は、コンピュータ・システムやデータベースの開発、そしてウエアラブルコンピュータ(IoT)と人工知能である。

とくに小型化と軽量化がすすむIoT市場は、2019年までに16兆円を越えると見込まれる巨大な市場である。また人工知能の研究では、コンピュータには苦手な「その時の気分で適当に決める」「感情を理解する」といった人間にしかできない挙動をいかにコンピュータで可能にするかは、大きな研究テーマとなっている。

2016年現在、人工知能やロボットについて研究できる大学/学部/学科は次のとおり。
http://www.mirai-kougaku.jp/imagesearch/3rd/robot_01.php


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

関連タグ

データマネージメント(Data Management)

  • 用語集

データを蓄積する仕組みの構築や運用、データ構造の可視化やデータの意味管理などを行いながらデータを適切に管理することで、データの信頼性・整合性を確保すること。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

「主成分分析」とは、ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。ビッグデータ分析の現場などにおいて、多変量の情報をできるだけ損なわずに低次元空間に縮約する。多変量データを二次元や三次元データに縮約することで、データ全体の視覚化が可能となり、データのもつ情報を解釈しやすくなる。

因子分析(Factor Analysis)

  • 用語集

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

デシル分析(Decile Analytics)

  • 用語集

「デシル分析(Decile Analytics)」とは、購買履歴データをもとに全顧客の購入金額を高い順に10等分し、各ランクの購入比率や売上高構成比などの有益な情報を得るための分析手法。

人工知能(AI)(Artificial Intelligence)

  • 用語集

「人工知能(AI:Artificial Intelligence)」についての厳密な定義については、人工知能研究者/研究機関などのそれぞれの思想や考え方により、解釈や認識にずれが存在するため定まっていない部分がある。一般的には「人工的に作られた人間のような知能」などと定義される。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド004

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter