CLOSE UP コラム | 人工知能やロボットが学べる大学、学部

人工知能やロボットが学べる大学、学部

CLOSE UP 事例

2016年05月23日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

人工知能やロボットが学問として確立されたのは1950年代と言われているが、テクノロジーの目覚ましい進化に比して教育機関はいまだ発展途上である。国内で人工知能やロボットについて学べる教育機関は限られており、専門的に学ぶことができる大学の工学部はいまだ全国で50校あまりというのが現状だ。

学問としての人工知能やロボットの概要と、実際に人工知能やロボットが学べる大学、学部を紹介する。

機械工学

機械工学の研究領域は、ものづくりの現場で働く自動生産設備ロボット(産業用ロボット)や人型ロボット(ヒューマノイド型ロボット)の開発、そして情報工学のソフトウエアとの共通領域である知能機械(人間のような知能をもつ機械)研究まで多岐にわたる。

近年の機械工学では生物の動きをモデルにした機械を開発しようという動きや、人間の血管のなかで動くような小さな機械の開発(ナノテクノロジー)などが注目を集めている。

機械工学とは、我々の生活を便利にする機械について学ぶことから、これからの産業社会の発展を支える学問とも言える。

情報工学

情報工学の研究領域は、コンピュータ・システムやデータベースの開発、そしてウエアラブルコンピュータ(IoT)と人工知能である。

とくに小型化と軽量化がすすむIoT市場は、2019年までに16兆円を越えると見込まれる巨大な市場である。また人工知能の研究では、コンピュータには苦手な「その時の気分で適当に決める」「感情を理解する」といった人間にしかできない挙動をいかにコンピュータで可能にするかは、大きな研究テーマとなっている。

2016年現在、人工知能やロボットについて研究できる大学/学部/学科は次のとおり。
http://www.mirai-kougaku.jp/imagesearch/3rd/robot_01.php


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

関連タグ

ウェアラブルデバイス(Wearable Device)

  • 用語集

ウェアラブルデバイスとは、手首/腕/頭など体の一部に装着して使用するコンピュータデバイスの総称を指す。

ビッグデータ(Big Data)

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

コレスポンデンス分析()

  • 用語集

「コレスポンデンス分析」(Correspondence Analysis)とは、類似した項目を明らかにするため、各項目を数値化する分析手法である。

多変量解析入門()

  • 用語集

複数の変数に関するデータをもとに、変数間の相互関連を分析する統計的技法の総称。

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド004

facebook

twitter