CLOSE UP コラム | 人工知能やロボットが学べる大学、学部

人工知能やロボットが学べる大学、学部

CLOSE UP 事例

2016年05月23日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

人工知能やロボットが学問として確立されたのは1950年代と言われているが、テクノロジーの目覚ましい進化に比して教育機関はいまだ発展途上である。国内で人工知能やロボットについて学べる教育機関は限られており、専門的に学ぶことができる大学の工学部はいまだ全国で50校あまりというのが現状だ。

学問としての人工知能やロボットの概要と、実際に人工知能やロボットが学べる大学、学部を紹介する。

機械工学

機械工学の研究領域は、ものづくりの現場で働く自動生産設備ロボット(産業用ロボット)や人型ロボット(ヒューマノイド型ロボット)の開発、そして情報工学のソフトウエアとの共通領域である知能機械(人間のような知能をもつ機械)研究まで多岐にわたる。

近年の機械工学では生物の動きをモデルにした機械を開発しようという動きや、人間の血管のなかで動くような小さな機械の開発(ナノテクノロジー)などが注目を集めている。

機械工学とは、我々の生活を便利にする機械について学ぶことから、これからの産業社会の発展を支える学問とも言える。

情報工学

情報工学の研究領域は、コンピュータ・システムやデータベースの開発、そしてウエアラブルコンピュータ(IoT)と人工知能である。

とくに小型化と軽量化がすすむIoT市場は、2019年までに16兆円を越えると見込まれる巨大な市場である。また人工知能の研究では、コンピュータには苦手な「その時の気分で適当に決める」「感情を理解する」といった人間にしかできない挙動をいかにコンピュータで可能にするかは、大きな研究テーマとなっている。

2016年現在、人工知能やロボットについて研究できる大学/学部/学科は次のとおり。
http://www.mirai-kougaku.jp/imagesearch/3rd/robot_01.php


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【講演資料を公開】7/28【サービス事業者向け】中小企業が狙われた、サプライチェーン攻撃の手口を解説 ~サイバー攻撃の被害に遭う中小企業の3つの共通点と、その対策~(2022年08月27日 09:15)

2022-07-28(木)15:00 - 16:00 「【サービス事業者向け】中小企業が狙われた、サプライチェーン攻撃の手口を解説 ~サイバー攻撃の被害に遭う中小企業の3つの共通点と、その対策~」 と題したウェビナーが開催されました。 皆様のご参加、誠にありがとうございました。 当日の資料は以下から無料でご覧いただけます。 ご興味のある企業さま、ぜひご覧ください。

関連タグ

クロス集計()

  • 用語集

2~3種類の情報に限定してデータの分析や集計を行なう手法。縦軸と横軸に項目を割り振り、特定の項目の相互関係を明らかにすることができる。

ロジスティック回帰分析(Logistic regression)

  • 用語集

「ロジスティック回帰分析」とは多変量解析の一種。線形回帰分析が量的変数を予測するのに対して、ロジスティック回帰分析は質的確率を予測する。「キャンペーン反応率」「特定商品の普及率」などマーケティングの現場で活用されるほか、「土砂災害発生危険基準線の確率」を求めたり、理学療法現場でも活用される。

シンギュラリティ(Technological Singularity)

  • 用語集

シンギュラリティ(Technological Singularity:技術的特異点)とは、未来研究において、過去の歴史から今後の人類の技術開発の推測して得られる未来の正確かつ信頼できる限界点を指す。

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

店舗・会議室・イベント会場の大型マルチモニタ/デジタルサイネージを、手軽に低コスト・低遅延で運用する方法 AV over IPによる映像配信&ビデオウォール活用方法解説

ネットワークエンジニアの減少で負担が増える、企業のネットワーク運用管理 〜監視と管理の統合により、さらなる運用効率化を実現〜

OSSライセンス・コンプライアンスと脆弱性管理の課題 OSSリスクを効率的にマネジメント。OSSライセンス&セキュリティ管理ツール「FossID」の使い方

  • 書籍

facebook

twitter