CLOSE UP コラム | 住友倉庫、IoT倉庫管理システムを開発---作業時間を約20%短縮

住友倉庫、IoT倉庫管理システムを開発---作業時間を約20%短縮

CLOSE UP 事例

2018年04月12日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

住友倉庫は、IoT技術を用いた倉庫管理システムを開発した。

IoT倉庫管理システム

モバイル通信網を活用し、タブレットなどの端末機器上で、出入庫や在庫状況を一元的に把握する。

端末や関連機器などがあれば利用できるため、全体の導入費用を比較的安価に抑えられる。

出入庫一括管理システム

同社は、出入庫や在庫状況を一括で管理するシステムを開発し、自社の港湾倉庫に導入した。

倉庫作業員は、小型スキャナーを片手に装着し、荷物のバーコード情報を読み取ると、近距離無線通信規格「Bluetooth」を通してスマートフォンなどの端末機器と情報を共有する。

出庫時には、携帯プリンターで端末機器から送られた情報を納品書として印刷し、荷物へ貼り付ける。

作業時間を約20%短縮

一連の作業に必要な機器1セット当たりの導入費は約35万円に抑え、現在は6セットを活用している。従来の紙媒体での管理に比べ、全体の作業時間は約20%短縮された。

今後の展開

同社は、倉庫や物流網など多様な場面への応用を目指すとしている。

以上、下記URLからの要約
https://newswitch.jp/p/12542


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【IoT】英国×シンガポール、IoTセキュリティ戦略的パートナーシップ契約を締結---ベストプラクティス実装を促進(2019年10月08日 10:43)

「英国サイバーセキュリティセンター(NCSC)」と「シンガポールサイバーセキュリティ機関(CSA)」は、IoTセキュリティに焦点を当てた戦略的パートナーシップ契約を締結した。 スマート製品のセキュリティレベル向上へ この戦略的パートナーシップ契約は、スマート製品のセキュリティレベルを向上させることを目的としてお...

関連タグ

IoTプラットフォームサービス(アイオーティープラットフォームサービス)

  • IoT

IoTプラットフォームサービスは、楽天コミュニケーションズが提供するIoTビジネス向け通信環境構築サービス。

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)

  • IoT

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)は、Azureが提供するフルマネージドIoT SaaSソリューション。

AWS IoT Greengrass(エーダブリューエスアイオーティーグリーングラス)

  • IoT

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

Azure IoT Edge(アジュールアイオーティーエッジ)

  • IoT

Azure IoT Edgeは、Azure IoT Hub上に構築されるIoTエッジコンピューティングサービス。

ロボット(Robot)

ロボット(Robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置もしくは機械のことで、人間をはじめとする動物の動きを基本に動作する。「産業用ロボット」「サービスロボット」「アミューズメントロボット」「コンピュータプログラム」などに大別される。

バックナンバー

関連記事

  • 勉強会

facebook

twitter