CLOSE UP コラム | 住友倉庫、IoT倉庫管理システムを開発---作業時間を約20%短縮

住友倉庫、IoT倉庫管理システムを開発---作業時間を約20%短縮

CLOSE UP 事例

2018年04月12日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

住友倉庫は、IoT技術を用いた倉庫管理システムを開発した。

IoT倉庫管理システム

モバイル通信網を活用し、タブレットなどの端末機器上で、出入庫や在庫状況を一元的に把握する。

端末や関連機器などがあれば利用できるため、全体の導入費用を比較的安価に抑えられる。

出入庫一括管理システム

同社は、出入庫や在庫状況を一括で管理するシステムを開発し、自社の港湾倉庫に導入した。

倉庫作業員は、小型スキャナーを片手に装着し、荷物のバーコード情報を読み取ると、近距離無線通信規格「Bluetooth」を通してスマートフォンなどの端末機器と情報を共有する。

出庫時には、携帯プリンターで端末機器から送られた情報を納品書として印刷し、荷物へ貼り付ける。

作業時間を約20%短縮

一連の作業に必要な機器1セット当たりの導入費は約35万円に抑え、現在は6セットを活用している。従来の紙媒体での管理に比べ、全体の作業時間は約20%短縮された。

今後の展開

同社は、倉庫や物流網など多様な場面への応用を目指すとしている。

以上、下記URLからの要約
https://newswitch.jp/p/12542


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【IoT】「衛星経由IoT」は成長の大きなチャンス---Amazonは3000機以上の衛星を打ち上げを計画(2019年07月16日 10:45)

ABI Researchのレポート「IoTの衛星:IoT投資の新しい波のための新しい衛星ネットワーク」によると、「2024年までに衛星経由で2400万のIoT接続が確立されシームレスなグローバル接続が実現する」と予測している。 衛星経由IoTは成長の大きなチャンス ABI Researchのリサーチアナリストで...

関連タグ

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集

「画像認識(Image Recognition)」とは、パターン認識技術の一種であり、画像データから、オブジェクト(文字/顔など)や、対象物の特徴(形状、寸法、数、明暗、色など)を抽出/分析/識別して認識検出する手法。

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)

  • IoT

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)は、データの「収集」「管理」「見える化」「異常検出時警報自動通知」などの機能を提供するIoTソリューション。

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)

  • IoT

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)は、Azureが提供するフルマネージドIoT SaaSソリューション。

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)

  • IoT

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)は、IoTデータ活用基盤サービス。

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)

  • IoT

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)は、Google Cloud PlatformのIoTフルマネージドサービス。端末管理機能とデータ取り込み機能を中心とした統合管理機能を提供する。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド006

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter