CLOSE UP コラム | 金沢工業大学、人工知能搭載の修学アドバイザー「KITコグ」サービス開始へ---「IBM Watson」を活用、学生一人ひとりにあった修学アドバイスを提供

金沢工業大学、人工知能搭載の修学アドバイザー「KITコグ」サービス開始へ---「IBM Watson」を活用、学生一人ひとりにあった修学アドバイスを提供

CLOSE UP 事例

2017年08月03日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

金沢工業大学は、2017年8月1日〜4日にかけて、「学生一人ひとりにあった修学アドバイスサービス」を試験的に開始する。2016年9月に同大学において全学的に導入された、コグニティブコンピューティングシステム「IBM Watson」を活用する。

活用する修学ビッグデータ(約40項目に及ぶ学生に関するデータ)

・成績情報
・図書の貸し出し冊数
・学習センターの利用状況
・進路先
・学生個々人の性格診断結果 など

人工知能搭載の修学アドバイザー「KITコグ」

「KITコグ」は、100万件を超える卒業生の学習履歴ビッグデータを学習し活用する。

その学習結果に基づいて、在学生一人ひとりに類似する卒業生をランキング形式で抽出を行う。

在学生に最も類似する卒業生が残した学習履歴データから、「修学に対する具体的な取り組み事例」や「修学に対する改善方法」などの情報を、在学生に対する修学アドバイス情報として提供する。

また、日々の生活や修学に関する情報について、チャットボット機能を用いた対話型アプリを通じて収集できるコミュニケーション機能も有している。

以上、下記URLからの要約
https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201707284194/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【AI】Visa、AIアルゴリズムテスト用クラウドプラットフォームを構築---リアルタイムカードトランザクションでアルゴリズムをテスト(2019年08月08日 14:28)

Visa Inc. は、クレジットカード詐欺の検出と防止を目的とした高度な人工知能アルゴリズムをエンジニアが迅速にテストできるようにプラットフォームを展開しようとしている。 AIアルゴリズムテスト用クラウドプラットフォーム Visaが構築し、今年後半に発売される予定のプラットフォームは、AIを使用して犯罪行為を...

関連タグ

Karakuri(カラクリ)

  • AI

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

AITalk声の職人クラウド版()

  • AI

AITalk声の職人クラウド版は音声合成クラウドサービス。Webブラウザ上でテキストを入力するだけで誰でも簡単に音声ファイルを作成できる。

自動運転車(Autonomous Car)

  • 用語集

自動運転車とは、人間が運転操作を行わなくとも自動で走行できる自動車を指す。レーダー(LIDAR)/GPS/カメラなどを用いて周囲の状況や環境を認識し自律的に走行する。

OPTiM AI Store(オプティムエーアイストア)

  • AI

OPTiM AI Storeは、オプティムが提供する小売店舗省人化AIサービス。

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド002

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter