CLOSE UP コラム | 本マグロ養殖場での「深層学習でマグロを数える作業を自動化」する取り組み---マグロ数把握により餌代を最適化

本マグロ養殖場での「深層学習でマグロを数える作業を自動化」する取り組み---マグロ数把握により餌代を最適化

CLOSE UP 事例

2018年01月11日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

本マグロ養殖場での「深層学習でマグロを数える作業を自動化する取り組み」について紹介している。

本マグロ養殖場の効率化

本マグロ養殖場は、総合商社双日の子会社である双日ツナファーム鷹島が運営するもので、九州の北西部に位置する長崎県松浦市の鷹島近海に位置しており、直径40メートルのいけすがずらりと並ぶ。

同社はIoTやAIを活用してマグロ養殖の効率化に挑んでいる。その目玉はマグロを数える作業を深層学習で自動化する取り組みで、養殖コストの約7割を占める餌代の最適化を目指している。

マグロ数の把握

食べ残しが出ないように適切な量の餌を投入するために、マグロの数を正確に把握する必要がある。しかし、従来、マグロのカウントは、職員が目視で行っており、負担が大きいという問題があった。

マグロを数える作業を深層学習で自動化

同社は電通国際情報サービス(ISID)と協業し、「マグロカウントアプリ」を開発。深層学習によって数える作業を自動化した。重なって見える複数のマグロを1匹と数える場合があるため、同アプリは自動認識したマグロの数を職員が適宜手動で修正できる仕組みにしている。

また、いけすにIoTセンサーを取り付け、各種情報を収集し、さらなる効率化を目指している。

以上、下記URLからの要約
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/121800583/122500001/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)

  • AI

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)は、AI継続的インテグレーションに必要となる一連のパイプラインを一貫して実装可能なプラットフォーム。

自動運転車(Autonomous Car)

  • 用語集

自動運転車とは、人間が運転操作を行わなくとも自動で走行できる自動車を指す。レーダー(LIDAR)/GPS/カメラなどを用いて周囲の状況や環境を認識し自律的に走行する。

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)

  • AI

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)は、人工知能を活用した次世代型のセキュリティソリューション。実行前マルウェア判定など高度な機能を備えている。

CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)

  • AI

「CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)」は対話型自動応答AIサービスで、主にチャットボットとしてエンドユーザーからの問い合わせに対応する機能を提供する。

Karakuri(カラクリ)

  • AI

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

バックナンバー

関連記事

  • 勉強会

facebook

twitter