CLOSE UP コラム | 富士通研究所、AI活用による船舶性能推定技術実証を実施---実用性を確認、燃費や所要時間の面で最適な航路の割り出し

富士通研究所、AI活用による船舶性能推定技術実証を実施---実用性を確認、燃費や所要時間の面で最適な航路の割り出し

CLOSE UP 事例

2017年11月22日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

富士通研究所は、2017年11月1日、商船三井、宇部興産海運と共同で、船舶性能の推定技術の実証を行い、実用性を確認したと発表した。

燃費削減航路予測技術の実証実験

AI(人工知能)を活用し、船舶性能を正確に推定し、燃費を削減できる航路を予測する技術。

実運用中の商船三井の外航船、宇部興産海運の内航船が集めた風向/風速/主機回転数/燃料消費量などの運航データを用いて、高次元統計解析技術に基づく船速/燃料消費量の予測を行い、実測値との誤差を検証した。

実証結果

船速推定誤差は「外航船で1.4%」「内航船で1.1%」であった。燃料消費量推定誤差については「外航船で0.8%」「内航船で0.2%」となり、推定誤差1.5%以下で船舶性能を予測できることを確認した。

ウェザールーティングの高精度化

同技術を用いて船舶の実海域性能を正確に把握することで、航路上の気象/海象条件に応じて、燃費や所要時間の面で最適な航路を知るウェザールーティングを高精度化し、燃費削減効果の向上を図れる。

今後の展開

富士通では、この予測技術を、位置情報を活用したクラウドサービスのメニューの1つとして搭載し、2018年中のサービス提供を目指す。

以上、下記URLからの要約
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1711/22/news024.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

人工知能「ワトソン」の銀行など金融業界への導入事例(2017年02月27日 10:00)

金融業界において、人工知能の導入がより広がっている。米IBMが開発した人工知能「ワトソン」を導入して顧客満足度を上げる保険会社、業務効率化を目指す銀行などの各社の導入事例を紹介している。

関連タグ

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

デジタル トランスフォーメーション(Digital transformation)

  • 用語集

ビジネスや社会システムの基盤を、デジタルを前提とした仕組みに作り替える取り組み。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

Amazon Redshiftは企業に利益をもたらしているのか?8社を対象にしたIDCの調査レポート

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 20171130-netapp サイド

facebook

twitter