CLOSE UP コラム | 日本交通、タクシーAI配車アプリ「全国タクシー」で売上向上と労務改善を目指す

日本交通、タクシーAI配車アプリ「全国タクシー」で売上向上と労務改善を目指す

CLOSE UP 事例

2017年12月14日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

日本交通はタクシーAI配車アプリ「全国タクシー」の提携先を広め、収益アップを図ろうとしている。

タクシーAI配車アプリ「全国タクシー」とは

300万人がダウンロードしているタクシー配車アプリであり、目玉は「AI配車」機能。

「過去の乗車履歴」「現在開催しているイベント情報」「気象情報」「鉄道遅延情報」などを組み合わせてAIが分析し、乗車需要が多い場所を予想して「乗務員アプリ」に表示する機能を持つ。

新人乗務員をサポート

ベテラン乗務員が持つ「いつどこに行けば長距離の客を乗せやすいのか」などのノウハウをナレッジ化して、新人乗務員のサポート機能として利用することで、新人乗務員でも売上を伸ばすことができるようになる。

実車率の向上を目指す

「実車率」とは、タクシー車両の稼働状況を示す指標の1つで、「全走行距離のうち乗客を乗せて走った割合」を指す。

乗客が降りた場所からなるべく近い場所で次の乗客を乗せれば、実車率を上げることができる。

日本交通は、AI配車で実車率を高め、ドライバー1人ひとりの売上の底上げを目指している。

AI労務管理

日本交通はAI配車に加えて、「AI労務管理」の開発も進めている。

タクシーの走行データを車載器経由で取得しAIで分析する。これにより「労働時間/疲労状態の可視化」を行い、安全運転の促進につなげる。

以上、下記URLからの要約
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/120200552/120400003


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

サイバーフィジカルシステム(Cyber-Physical System)

  • 用語集

「サイバーフィジカルシステム」とは、現実世界(フィジカル空間)での膨大な観測データなどの情報をサイバー空間で数値化し定量的に分析することで、より高度な社会を実現するために「社会システム効率化」「新産業創出」「知的生産性向上」などを目指すサービスおよびシステム。

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)

  • AI

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)は、すべての機能を単一の統合インメモリ環境で活用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツール。

コネクテッドカー(Connected Car)

  • 用語集

コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末を搭載し、車両状態や周囲道路状況などのさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積/分析することで、新たな価値を生み出す自動車」を意味する。次世代の車として人を目的地へ運ぶ以上の価値を提供することが期待されている。

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)

  • IoT

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)は、Azureが提供するフルマネージドIoT SaaSソリューション。

ビッグデータ(Big Data)

「ビッグデータ(Big Data)」とは、一般的なソフトウェアの能力を超えたサイズのデータ集合であり、従来のデータベース管理システムでは「記録」「保管」「管理」「解析」などの処理が難しいほどの巨大で複雑なデータ群。「インターネット普及」「コンピュータの処理速度」「クラウド技術向上」などに伴い、日々大量に生成され溢れている大容量デジタルデータを指す。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

上からも下からもプレッシャー中間管理職の「悩み」をデータの視点で解決 〜タイムリーなデータ活用、円滑な状況共有を導く分かりやすいデータストーリーとは〜

データ活用におけるクレンジングの課題 〜「データ連携ツールを使っても非エンジニアには負担」の解決策〜

ビッグデータ処理のデータベースとして MySQL HeatWave が最適な理由 〜AWS Aurora/Redshift、GCP BigQuery との性能&コスト比較〜

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter