CLOSE UP コラム | 日本交通、タクシーAI配車アプリ「全国タクシー」で売上向上と労務改善を目指す

日本交通、タクシーAI配車アプリ「全国タクシー」で売上向上と労務改善を目指す

CLOSE UP 事例

2017年12月14日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

日本交通はタクシーAI配車アプリ「全国タクシー」の提携先を広め、収益アップを図ろうとしている。

タクシーAI配車アプリ「全国タクシー」とは

300万人がダウンロードしているタクシー配車アプリであり、目玉は「AI配車」機能。

「過去の乗車履歴」「現在開催しているイベント情報」「気象情報」「鉄道遅延情報」などを組み合わせてAIが分析し、乗車需要が多い場所を予想して「乗務員アプリ」に表示する機能を持つ。

新人乗務員をサポート

ベテラン乗務員が持つ「いつどこに行けば長距離の客を乗せやすいのか」などのノウハウをナレッジ化して、新人乗務員のサポート機能として利用することで、新人乗務員でも売上を伸ばすことができるようになる。

実車率の向上を目指す

「実車率」とは、タクシー車両の稼働状況を示す指標の1つで、「全走行距離のうち乗客を乗せて走った割合」を指す。

乗客が降りた場所からなるべく近い場所で次の乗客を乗せれば、実車率を上げることができる。

日本交通は、AI配車で実車率を高め、ドライバー1人ひとりの売上の底上げを目指している。

AI労務管理

日本交通はAI配車に加えて、「AI労務管理」の開発も進めている。

タクシーの走行データを車載器経由で取得しAIで分析する。これにより「労働時間/疲労状態の可視化」を行い、安全運転の促進につなげる。

以上、下記URLからの要約
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/120200552/120400003


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)

  • AI

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)は、すべての機能を単一の統合インメモリ環境で活用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツール。

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)

  • AI

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)は、AI継続的インテグレーションに必要となる一連のパイプラインを一貫して実装可能なプラットフォーム。

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)

  • AI

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

スマートスピーカー(Smart Speaker)

  • 用語集

スマートスピーカー(Smart Speaker)とは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つワイヤレススピーカーを指す。

Computer Vision(コンピュータビジョン)

  • AI

Computer Visionは、Azureが提供するクラウドベースのイメージ分析サービス。イメージを処理して情報を返す高度なアルゴリズムを利用できる。

バックナンバー

関連記事

  • 勉強会

facebook

twitter