CLOSE UP コラム | IoTで現場作業員を守る---ウェアラブル機器で熱中症やバス事故を防止

IoTで現場作業員を守る---ウェアラブル機器で熱中症やバス事故を防止

CLOSE UP 事例

2017年10月12日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

過酷環境が多い現場作業員の健康と安全を守るために、IoT技術を活用したウェアラブル機器を活用し、人の生体情報をリアルタイムで把握する動きが進んでいる。

明電舎の熱中症対策用「バイタルセンシングバンド」

明電舎は、工事現場を多く抱えているため、「夏場の熱中症」「不安定な足場からの転倒による負傷」などの労働災害が課題となる。

そこで同社は、富士通が開発した腕時計型のIoTウェアラブル機器「バイタルセンシングバンド」を導入した。

内蔵センサーが「温度」「湿度」「脈拍変動」などを常時測定し、「熱ストレスレベル」「身体負荷レベル」が表示され、監督者が一目瞭然で危険度を判定できる。

NECの事故防止用「腕時計型ウェアラブル機器」

NECは、バス事故防止のため、乗務員を見守る腕時計型ウェアラブル機器を開発した。

「脈拍」「体温」「体の揺れ」などの生体情報を機器から取得し、データ解析で体調変化や疲労度をリアルタイムで把握できる。異常を検知した場合、早めに対処することで事故防止につなげる狙い。

NECは「鉄道乗務員にも同様の仕組みを応用できないか開発を続ける」としている。

以上、下記URLからの要約
http://www.sankei.com/premium/news/171004/prm1710040001-n1.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Computer Vision(コンピュータビジョン)

  • AI

Computer Visionは、Azureが提供するクラウドベースのイメージ分析サービス。イメージを処理して情報を返す高度なアルゴリズムを利用できる。

Azure IoT Edge(アジュールアイオーティーエッジ)

  • IoT

Azure IoT Edgeは、Azure IoT Hub上に構築されるIoTエッジコンピューティングサービス。

ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)

「BI(Business Intelligence)」とは、経営戦略などのビジネス上の意思決定をサポートするために、企業内に分散蓄積されている多様なデータを収集し、統合的に分析し活用するための手法。意思決定支援システム「DSS(Decision Support System)」の1つに該当するものとされている。

IoT(Internet of Things)

IoT(Internet of Things)とは、従来インターネットに接続されていなかったさまざまなモノ(センサーデバイス、デジタルデバイス、工業機械、駆動装置、建物、車など)が、ネットワークを通じてサーバやクラウドサービスに接続されることで、相互情報交換や遠隔制御できる仕組みを指す。

AIアナリスト(エーアイアナリスト)

  • AI

AIアナリスト(エーアイアナリスト)は、Google Analyticsを利用して、サイト自動アクセス解析により改善提案を行うサービス。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

なぜ製造業DXがうまくいかないのか?いまさら聞けないSCMのデジタル化、データ利活用基盤の考え方

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

利用者が多いと問題に。セルフサービスBIの課題と多店舗・グループ経営企業でのレポート共有事例

  • 書籍

facebook

twitter