CLOSE UP コラム | IoTで現場作業員を守る---ウェアラブル機器で熱中症やバス事故を防止

IoTで現場作業員を守る---ウェアラブル機器で熱中症やバス事故を防止

CLOSE UP 事例

2017年10月12日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

過酷環境が多い現場作業員の健康と安全を守るために、IoT技術を活用したウェアラブル機器を活用し、人の生体情報をリアルタイムで把握する動きが進んでいる。

明電舎の熱中症対策用「バイタルセンシングバンド」

明電舎は、工事現場を多く抱えているため、「夏場の熱中症」「不安定な足場からの転倒による負傷」などの労働災害が課題となる。

そこで同社は、富士通が開発した腕時計型のIoTウェアラブル機器「バイタルセンシングバンド」を導入した。

内蔵センサーが「温度」「湿度」「脈拍変動」などを常時測定し、「熱ストレスレベル」「身体負荷レベル」が表示され、監督者が一目瞭然で危険度を判定できる。

NECの事故防止用「腕時計型ウェアラブル機器」

NECは、バス事故防止のため、乗務員を見守る腕時計型ウェアラブル機器を開発した。

「脈拍」「体温」「体の揺れ」などの生体情報を機器から取得し、データ解析で体調変化や疲労度をリアルタイムで把握できる。異常を検知した場合、早めに対処することで事故防止につなげる狙い。

NECは「鉄道乗務員にも同様の仕組みを応用できないか開発を続ける」としている。

以上、下記URLからの要約
http://www.sankei.com/premium/news/171004/prm1710040001-n1.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

手のひらサイズのディープラーニング開発環境、提供開始(2017年05月22日 10:00)

ディープラーニング技術を活用した企業向けソリューションを提供するLeapMind株式会社は、ディープラーニングの計算処理の高速化、省電力化に成功。ディープラーニング技術を手のひらサイズの計算処理装置で実行できる、エッジコンピューティング向け開発環境「Blackstar(ブラックスター)SDK」を2017年8月から提供開始する。

...

関連タグ

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集

パターン認識技術の一種であり、画像や動画から文字や顔などのオブジェクトや特徴を認識し検出する手法。

NB-IoT(Narrow Band-IoT)

  • 用語集

LPWA性能を持ったLTEの規格。IoTで使うことを前提に、既存のLTEを拡張し、LTEより簡単に低速と低電力化を実現する。

音声認識(speech recognition)

  • 用語集

人間の声をコンピュータに認識させることで、話し言葉を文字列に変換したり、あるいは音声の特徴をとらえて声を出している人を識別したりする認識技術である。

SIGFOX(シグフォックス)

  • 用語集

フランスのトゥールーズに拠点を置く通信事業者名、および、同社が2009年から提供するLPWA(Low Power, Wide Area)技術である。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド003

Analytics News ACESS RANKING

facebook

twitter